So-net無料ブログ作成
検索選択
前の8件 | -

人の動きを否定する舞踏 [現代音楽]

これはやっぱり「現代音楽」カテゴリーだわね、ホントの意味で。

第45回香港国際芸術祭参加公演、「バイエルン州立劇場バレエ団Ⅱ」の公演を、香港芸術院の大きい方のホールで眺めてまいりましたです。オイストラフQとブルノ歌劇場《マクロプウロス事件》の間の日。

バレエなんて無縁なやくぺん先生がなんでそんな若手舞踏団(バイエルン州立劇場バレエ団引っ越し公演にしてはお安いなぁ、と思ってたら、「Ⅱ」、即ちベルリンフィルと信じて客席に座ればなんとまぁベルリンフィル・アカデミーだった、みたいなもんですわ)を日本円で8000円以上なんて大枚叩いて2階正面1列目なんて立派この上ない場所で見物するかといえば、もうひとえに演目のみです。なんせメインとなるのが、あのロボコンのロボット群みたいな着ぐるみで有名なバウハウスの巨匠オスカー・シュレンマーの《トリアディック・バレエ》の本気のリプロダクションだというのだから、これはもう指をくわえてボーッとしてるわけにはいかんでしょうに。
121.jpg
現代舞踏関係の方なら説明なんぞ不要、衣装デザインだけなら、そうねぇ、フリッツ・ラング監督『メトロポリス』のマリア様くらいに有名な、20世紀前半大戦間時代のアイコンでもあるようなもんたち。こんなもん羽織って舞台の上をクルクルひらひら舞うのかいな、って呆れること必至の奴でんな。舞踏なんぞの世界は幼稚園生並の知識しかないやくぺん先生としても、「20世紀に舞踏の意味を問う3つの作品を挙げよ」と質問されたら、《春の祭典》(まあ、総合的な意味で)、《紅色娘子軍》(舞踏芸術が20世紀というコンテクストの中でどうやってリアリティを持つのかという意味で)、そしてこの《トリアディック・バレエ》、と答えるだろうなぁ。ま、バッテン貰いそうな解答だろうけどさ。

どんなもんか知りたい方は、YouTubeで「Triadic ballet」と引っ張ればゴロゴロ映像が出て来ますので、勝手に眺めて下さいな。

さても、本日の公演、無論、残念ながら今時のように「ステージをライブでネット配信」なんてない、映像収録なんぞ夢物語、音の収録だってままならなかった頃。舞踏譜というものは様々な試みが世に存在しているようだけど、いずれにせよ、今に判っているのは様々な制作側の資料と実演に接した観客なんぞが残した文字情報であります。1970年代の終わり頃、前衛が終焉し、所謂「新ロマン主義」やら「表現主義再興」が叫ばれるようになった頃、バウハウスも随分と復興してきた。そんな中で、このコスチュームばかり有名な舞台作品を再現してみようという動きがベルリンとミュンヘンで出て来て、ま、当時の舞踏家さんなんぞが寄って集ってやった。音楽はぶっちゃけ、初演時にはありものが使われたそうですが、ゲルハルト・ボーナーという方が再生させたときには、なんとまぁヘスポス御大(当時は御大じゃなくて、バリバリの前衛崩れだったんだろうが)に曲を書いてもらった。で、再演され、20年近くそのプロダクションで上演されていたのだが、基本は再生初演メンバーが踊るわけで、sろそろ無理ということでオシマイになった。それを、バイエルン・バレエの二軍チームが数年前に結成されたときに、これはなかなか良いレパートリーでないの、ということで再々生されることになって…というのがこの舞台の経緯だそーな。ああつかれた。

なんであれ、このシュレンマーの衣装そのものは、もう世界中の彼方此方で「バウハウス展」なんてのが開催されれば目玉として展示されるわけで、「へえ、これで踊るんだぁ」とみんなビックリ、どうなってるか興味津々、ということになってる次第。

さても、そういう話はネットのあっちゃこっちゃに堕ちているわけで、それはそれとして、ともかく、アホな感想をひとことだけ。

ええ、もの凄く誤解されそうな言い方を敢えてすれば、これって、「反舞踏」なんですね。《春の祭典》以降のモダン舞踏が、人間の身体能力をどこまでいじり回せるか無茶をさせるものなのだとすれば(そうじゃなかったらスイマセン)、これ、その正反対。「無駄な拘束具をいっぱい付けて、身体をガチガチに押さえ込んで、それで何が出来るか」って実験でんがな。無論、オブジェとしての身体、という美術の方向に向けての関心もあるのだろうし、そっちから考えれば「今時大流行のインスタレーションの嚆矢」とも強引に言えるのかもしれないけど、ま、それはそれ。

舞踏というものをなーんにも知らぬやくぺん先生とすれば、ああああ、これって一種の《四分三十三秒》だわな、って。いかにも重そうで動けなさそうな(この演出、敢えて初演時の素材を使い、今ならいくらでも軽く作れるだろう衣装はそれなりに重くしてあるそうな)アホみたいな被り物を付けたダンサーが出て来て、訳の判らぬ音楽が鳴って、なんだか古典バレエの無理なアナロジーみたいな動きをしたり(だって、衣装が邪魔でダンサーが手を繋げない、抱え上げられない、それどころか自分の手を組めない!)、手の先だけを動かしたり、極端な場面ではただ出て来て立ってるだけ。もう、こーなると若手芸人さんの一発芸みたいなもんですわ。出て来た瞬間のインパクト勝負!

つまり、舞台の上で妙な格好した奴がノロノロのそのそ動いて、また暗転し、12のシーンがなんのかんの1時間くらい続く、ってもんです。音楽と動きの関係は、あるといえばあるし、ないといえばない。でも、所謂「ゲンダイオンガク」が鳴ってるんで、前半のバランシンが選りに選ってチャイコフスキーの第3ピアノ協奏曲なんて超駄曲に振り付けたもんみたいに、「ひでええ曲だなぁ、やっぱり」と聴いてれば時間が過ぎる、というわけにもいかぬ。

正直、途中でつまらなくなって帰っちゃう観衆もそれなりにいました。極めて正しい反応だと思いますです。

てなわけで、このバイエルン州立劇場舞踏団Ⅱのシュレンマー舞踏リプロダクション、そうですねぇ、一度は話のネタに観ておく価値はあるとは思います。だけど、《紅色娘子軍》みたいな圧倒的なリアリティとか、もの凄い説得力とか、そういうもんじゃなくて、もの凄い知的な興味と、それから…うううん、道行く人をボーッと眺めて、あいつはなんじゃ、とか、どうしてこいつこんなことしてるんだろー、とか考えて楽しめる人ならばええんでないでしょーかね。

ともかく、「あのシュレンマーの衣装を着て、可愛らしくクルクルまわってお茶目ぇ」ってもんではありません。そこは覚悟していくよーに。

いやぁ、ホント、勉強になるなぁ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

成田第3ターミナル国際線所要時間は…~LCCは安くない…かも・やたび   [たびの空]

成田空港第3ターミナル国際線出発151番ゲート前にいます。搭乗予定時間まであと10分なのに、香辛料航空香港行きやくぺん号は未だ姿が見えません。まさか、ここって、バスゲートなんかい?

昨日は成田名物春先の猛烈な横風が吹き荒れ、夜11時のタイムリミット過ぎても次々に出発到着が相次いでいたそうで、本日はどうなることやらと思ったら、一夜明けた荒川放水路東の新開地葛飾は冷たい冬の静かな朝が広がっており、ああこれなら大丈夫、と安堵。悪辣ひよちゃんのために蜜柑を出して葛飾オフィス厄偏舎を出たのは午前6時50分くらいでありました。

最寄り駅まで歩き、京成成田空港第2ターミナル駅に向かいます。7時丁度発の本線快速で向かいます。
012.jpg
アクセス線が7時6分にあるのだが、到着時間は15分くらい違うけど200円くらい安い本線に乗るのが、LCC利用貧乏人の責務なのであーるっ!この15分の差がどういう意味を持つか、このときにはまだ知らぬやくぺん先生なのであった。

あちこちにメールしたりするうちに、1時間とちょっとはあっという間に過ぎ、午前8時6分に成田空港第2ターミナル駅に到着。ビックリするくらい混雑した列車から、ビックリするくらい混雑したターミナル駅に降り、一路第3ターミナル行きバスに向かいます。おお、ひとつ行ってしまったぞ、だけど、このターミナルシャトルバス、フリクエンシーは多いので大丈夫さっ。んで、バス停まで行くと、なんと午前7時半までは3分に一本が、それから暫くは昼間タイムで5分に1本になるそうな。ま、それでももの凄く頻繁に走っているとは言えましょう。直ぐにやってきたバスに織り込むと、次から次へと若い人や巨大なベビーカー付きの子供連れ若夫婦とか、バックパックの老夫婦やら…ビジネスマンだけはいないバスは、一路第3ターミナルへと向かう。
018.jpg
かくて第3ターミナルに到着したのは午前8時21分!出発時間まで1時間と59分を残すばかりと相成った次第でありまする。

昨今のやくぺん先生とすれば、香港だったら荷物預けがあったにしても、空港に到着し、プリントアウトした搭乗券もってANAさんのエリートカウンターに行き荷物預け、エリートラインでセキュリティを突破し、マシン出国をすれば、まあ、ぶっちゃけ、どんなに時間がかかっても空港駅に到着してから出国完了まで30分。上手くいけば20分を切る、というのが常識になってる。

おっとおおお、搭乗予定4分前に、「今、使用機材が到着しました」というアナウンスが入ったぞ。おいおいおい。搭乗時間は判りません…ってさ。ふうううう…

もとい。で、やくぺん先生は第3ターミナルに到着したのじゃよ。で、まずは香辛料航空さんのカウンターに並ばねばなりません。なんせ、LCCはみんな平等貧乏人、エリートラインなどありません。あれまぁ、黄色と青の香辛料さん(なるほど、さりげなく、JAL系ジェット★さんは赤、ANA系香辛料さんは青、なんだなぁ)の国際線チェックインカウンターらしきところから、通路に長蛇の列が出来ている。2時間前に来なさい、といわれると、ホントに2時間前に来ている真面目な若い人でいっぱいであります。
024.jpg
ともかく、並ぶのじゃ。なんでこんな列なんじゃい、と訝しく思っていたら、なーるほど、やっと最初の関門、自動チェックインマシンのところに列が至れば、3台あるマシンのうち1台が壊れていることが判明。そりゃ、列になるわいな。
で、プリントアウトしたバーコードと、パスポートをマシンにかざせば、ぴらぴらっとでっかいレシートとしか思えない搭乗券が出て来る。預ける荷物がなければこれでそのままセキュリティに向かうわけだが、本日は時間もなかったのでオーストラリアからの荷物ほぼそのままなんで、預けねばなりません(今回利用しているANAのタダ券は、立派なことに20キロまでの手荷物は含まれてるのでありまする)。で、また長蛇の列が続きます。

手荷物カウンターに漸く到着
029.jpg
おにーさんに「オタクさんは20ドルくらい払うとエリートラインみたいなものを使える、ってシステムはないの?」と訊ねると、ええ、仰ることは判りますが、人手不足で無理なんです、と苦笑なさってます。へええええ。で、カウンターの香辛料兄さんが言うに、「荷物のセキュリティチェックをしますので、10分の間この辺りでお待ち下さい。呼び出しがなければ、出国にお進み下さい」とのこと。

へえええええええ、なんとまぁ、ここでイヤでもあと10分加算になるだわさ。この段階で8時45分。8時55分までここから動けない訳ざんすぅ。じゃあその時間を利用し、目の前にある国際ルーター受け取りカウンターに行き(羽田の出国カウンター横だと殆どおねーちゃんが投げてよこすのだけど、慣れない客が多いからか、とても丁寧に説明しているので、ここにも列が出来ます)、続いてガラガラの両替屋さんで日本円1万円を香港ドルに替えます。で、ほぼこれで10分。「やくぺん様、あんたは危険物を入れてるので直ぐに来なさい」というアナウンスは日本語でも広東語でも聞こえなかったので(広東語だったら判らぬわい)、安心して、第3ターミナル名物の成田で最も充実したフードコート横をすり抜け、左側のいつもの国内線ではなく、右側の国際線セキュリティに向かうのであった。

おっと、これまた列…っても、国際線出発便は限られているので、今は全部香辛料航空香港行きの客ばかり。だからなのか、セキュリティ・マシンがひとつしか動いていない。列に並ぶことしばし、ベルトからサンダルから全て引っぱがされる日本の空港としてはかなり厳しいチェックを無事に済ませ、ガラガラなパスポート・コントールに到着。
035.jpg
あれ、マシン出国はどこじゃ、とキョロキョロ。そのへんにいらっしゃった法務省の現場お役人さんに尋ねれば、このターミナルにはないんですよ、とのこと。今年になってパスポートに判子押されるのは初めてだなぁ、と思いつつ、大人しく数人しかない列に並び、無事に「成田第3ターミナル」という珍しい判子をいただく(…と思ったけど、よぉくみたら、スタンプには「成田空港第2ターミナル」とありました。法務省的には「第3ターミナル」というのは存在していないらしいぞ)。最近はどこの空港もマシンなんで、パスポートに判子押されるのはヤンゴン以来じゃわい。

てなわけで、全ての出国手続きを終え時間を見るに、9時6分。成田空港第2ターミナル京成駅ホームに到着して、丁度ぴったり1時間でありましたとさ。
046.jpg
搭乗時間が10時20分とアナウンスしております。30分遅れ、でんがな。これって、昨日の大風の玉突きがまだ残ってるからなのかしら。

以上、ご教訓。成田第3ターミナルで国際線出国する場合は、レガシーエアの3倍の時間がかかると思うべし。2時間前には絶対に行かないとダメです。文句言ってもダメです、安いんだからね。

ボーディングブリッジらしきものがないなぁ。やっぱりバスゲートかしら。

[追記]
ボーディングブリッジ、やっぱ、ありません。搭乗券をぴぴっとチェックしたら、階段を3階から1階くらいまでグルグルと降りて、目の前にいる320香辛料やくぺん号のところまで数メートル歩き、タラップを上がります。
049.jpg
本日は大枚1600円払って1列目通路側なんで、あとはもうLCCどころか、レガシーキャリアの貧乏人席よりも遙かに広い空間でゆったりさっ。ほれっ。
053.jpg


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

今年のボルチアーニは受けやすい [弦楽四重奏]

帝都短期滞在注。本日は、明日朝に香港に向かう理由のひとつの準備というか、日本側の作業で某オケの事務所と連絡、場合によってはいかねばならないかも(現時点では明後日に香港の中央図書館で古い新聞を調べる予定なんだが、場合によっては香港フェスティバルの事務局に直接出向かねばならぬかも)。というわけで、夜のロイスダールQはちょっと無理そう。なんか、オルランドQやシェーンベルクQ以降のオランダのモダン楽器団体の動向はどうも良く判らないのだけど、ま、しょーがないわね。アンドリーセンやってたんだよぇ、先週は。ちょっと残念。

で、短期帰国の理由だった昨日のNPOエク総会、実質徹夜みたいな頭で恙なく終了し、必要なことだけはなんとかしゃべくったのでまあ、お仕事はした。その後の懇親会(ホントは雛壇に座ってる総会よりも、いろんな方々と喋れるこっちの方が大切)で弦楽四重奏を熱心に聴いていらっしゃる皆様と話をして、なるほど、こういうことは案外知られていないのか、とか、こういうことは流石に熱心に演奏会に足を運んでいらっしゃる方々にはかなわないなぁ、とか、いろいろ勉強になったです。

で、今年は大阪があるので殆どなんの準備作業もしていなかったその先のボルチアーニについて、既に参加者情報がファンの皆様の間で演奏家本人からの情報として流れていて、おっとこれはちゃんとフォローしておかないとマズいぞ、と今更ながらにボルチーアニ・コンクールのサイトを眺めたら、流石にまだ公式には参加団体の発表はないみたい。なんせ大阪の公式参加団体発表が来月8日だから、その3週間後の大会の詳細が発表されていないのは当然かもしれないけどさ。

かくて、あらためてボルチアーニの要項をつらつら眺めてみる。こちら。
http://www.iteatri.re.it/allegati/PPB-REGOLAMENTO%202016-IT.pdf
今年は審査委員長がエルベン御大で、まあ、あとは如何にもというメンツですな。前回はなぜかアルゲリッチが入るという極めて興味深いラインナップだったのだけど、妙に普通なのが逆に面白い。弁の立つハイメ氏なんぞを前に、ルーカス氏がどこまで発言するのかな、と心配しちゃったりしますが、ここの審査の仕方はいつもよく判らないので、なんともねぇ。どうやら大阪同様に今年も4次審査まであるらしく、ある意味で伝統的なコンクールの体裁はしっかり保たれている。1次でラズモのどれかの1楽章、ってのはもう伝統ですな。

それにしても、この演目を眺める限り、今回のレッジョ、大阪に比べると遙かに受けやすくしてるなぁ。無論、事務局は判ってやってるんだろうけどさ。いや、大阪はハードル高すぎかな、というべきなのかも。

1次予選は、《ラズモ》2番第1楽章と、ハイドンからルトスワフスキまで広いバラエティの中から1曲、というもの(これはサボっても良いかな、と思っちゃうぞ)。で、2次の演目が1次とほぼ重なっている。これはもう、どんなタイプの団体でもいいからいらっしゃい、と宣言してるようなもんですな。これならあたしらでも2次までは行ける、って気になるだろうなぁ、みんな。

客観的に見て、いちばん面白いのはやっぱり3次審査。ここで古典をひとつちゃんと弾かせ、《ラズモ》2番を全部弾かせ、それに現代曲。レッジョまで長く行けない、という方はこの3次審査の日だけ来ればだいたい判るでしょ。ファイナルは何でも良いというのだから、まあ、ショーみたいなもんですし。

わああ、すげええ楽だぞ、このコンクール。

ちなみに、大阪の3次は、これまた勝負のポイントとなりそうなんだけど、「西村朗第5番&出版されている楽譜なら何を弾いても良いフリーステージ」という、もの凄くキビシイ、でも本気で弦楽四重奏を商売としてやりたい団体なら燃え上がるようなステージであります。ここで自分らの全てが見せられる、ってね。逆に、学生時代に弦楽四重奏の勉強してきたからコンクールでも受けてみるか、というような団体には、このステージ突破はもの凄く厳しく見える筈。ってか、厳しく見えないとダメ。

もう一つ重要なポイントは、ボルチアーニは、3次の現代曲がラッヘンマン、細川、それにコラサンティーニ、と極めて限られていること。ラッヘンマンは特殊だから専門家以外は弾かないでしょうけど、細川はこの作曲家さんの弦楽四重奏群の中でもいちばん弾きやすい曲が挙がっているし、お手本もいっぱいあるので、そっち方面の専門家ではなくても練習時間さえきちんと取れればそう無理はない。つまり、このコンクール、その気になれば「全部古典派のみ+細川」でファイナルまで辿り着ける。ことによると、勝てるかもしれない。

要は、今、ヨーロッパのコンクールでいちばん大きな課題になってる「フランスやオランダ、イギリスを中心に若い団体に蔓延しているオーセンティック奏法というはしか」に罹っている真っ最中の連中が優勝する可能性がある、ってことです。前々回だっけ、あの審査員団を大分裂に陥れたベネヴィッツVSドーリックという大阪大会優勝両団体の真っ向勝負が、もっと先鋭的な形で顕わになる可能性があるですよ。なんか、ワクワクするでしょ。ハイメ氏とエルベン氏が、ハイドン演奏の在り方を巡って口から泡を飛ばして激論するかも、なんてさ。

うううん、やっぱりこれは眺めに行かないとマズいなぁ。今年はサントリーお庭はお休みといえ、その代わりみたいに鶴見でロータスQがベートーヴェン全曲やってる真っ最中、さらに、あの問題のアキロンQやら、我らがシューマンQもツアーをしているという困ったタイミング。ううううん…

ま、その前に、大阪。結果として性格が真逆の大会になったのは、有り難いと言えばありがたいです。はい。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

南洋のたびに寝台は楽なのじゃ [たびの空]

まるでどーでもいい話。

エクのNPO総会のために、東京に戻って来ました。これがなければまんま香港に向かうところだったのだが、ま、そういうもんでしょ。

シドニーから羽田へ、ニューカレドニア上空からグァム上空を抜けてくる大日本帝国儚き南方進出の夢を辿る路線、成田到着なら墓の中から見守ってくれる爺さんに「ここを9時間で超えてくるんですよ」などと言おうもんなら、敗軍の部下を纏めて誰ひとり殺さずにラバウルから本土に戻ってくるのにどれだけ大変だったか延々説教されそうな(てか、そういう説教を一切しない人だったのが問題なんだけど)路線でありまする。

で、今回、かなりキツい日程なので、無理をしないためにも、帰国便だけはアップグレードさせていただきました。ノースウェストがデルタに合併吸収されて以降、ミリオンマイラーも見えるところまで来ていたのを捨てて乗り換えることになったANAさん、払ってる額はともかくそれなりに実飛行マイルは稼いでいるので(ってか、ANAさんのマイレージって、乗った距離じゃなくて払った額に比例しているので、実マイルならことによるとミリオン行ってるかもなぁ)、「貧乏人ながらよく乗るようだから、まあ、モニターとして少しは優遇してやるか」ってくらいには思っていただいているようで、貧乏人なりにいろいろして下さいます。今回も、この値段でアップグレード出来るならええんでないの、というお値段でありました。

かくて、それなりに珍しい経験をして戻って来た昼、どっかボーッとする海胆頭で思うに、いまどきの所謂「ビジネスクラス」というのは、会社が金を出す短期間の出張なんだからきっちり成果を出してこい、という方々のためのシートというものでもなくなってるのであるなぁ。なんせ、アッパークラスの半分は熟年観光旅行の皆様でありました。夏のオーストラリアというビジネスというよりも観光の色が濃い路線だからだったこともあるでしょうが(だからこそ、この値段でアップグレードが出来たわけで、ホントはやりたいフランクフルト線やらニューヨーク線は、とてもアップグレード可能席は手が出ません、ましてやビジネス席を買うなど夢の夢)、へえええ、でありましたね。

実体に即した言い方をすれば、10時間以上のフライトになるレガシーキャリア(LCCじゃない、昔からある航空会社のこと)の大陸横断便は、「ビジネスクラス」と「エコノミークラス」というよりも、「スリーパー」と「コーチクラス」という表現の方がより正確なのでありましょう。アッパークラスは、夜遅くに離陸した直後にそれなりの飯が出て、あとはフルフラットになる実質超ミニ個室の空間できっちり寝て下さい、という席。
087.jpg
本気で寝たい人は、空港ラウンジでそれなりにちゃんとした飯が食えるようになってるので、もう機内では喰わないと腹を据える。そうすれば、本日のフライトだったら実質8時間近くガッツリ寝られる。狭い空間で人がいっぱい寝ると人いきれで湿っぽくなって…という深夜バスの恐怖があるわけですが、幸か不幸か加湿されてる787でも湿度は真冬の東京程度が精一杯ですから、いやぁな脂汗をかくこともない(…って、やっぱり少しはかくけどさ)。昔のJRの3階建て2等寝台よりちょっといいかな、くらいの感じですけど、ともかく、ちゃんと寝られる。正に「寝台車」ですわ。

そう考えれば、だいたい世界のどこでも寝台型車両は普通のコーチ席夜行の倍くらいというのが相場ですから、まあ、所謂ビジネスクラスの値段設定は、納得出来ないものでもない。

ちなみに、木曜日にシドニー・メルボルンを昼間に11時間かけて走った「トワイライト・エクスプレス」号は、先頭車両がスリーパーでした。
021.JPG
どうも、昼間は使ってないままで走ってたみたい。で、車内で話をしたご夫婦によれば、このスリーパー夜行便はとても人気があって、なかなか取れないとのこと。なるほどねぇ、そりゃそーだわなぁ。夜の8時にメルボルンを出て、寝台車でしっかり寝て、朝の7時にシドニーに到着するってのは、理想的だもん。

てなわけで、深夜便でも寝台ならなんとか大丈夫、というだけの今更ながらの爺の発言でありましたとさ。無論、条件もあって、なによりも「実質上時差がないオセアニア南洋路線」じゃないとダメなんですが(シベリア横断や太平洋、大西洋越えは、どうがんばっても時差がねえ…)。とはいえ、この先、またこんな楽が出来るの見込みはありません。しっかり寝ずに座ってアジア映画を何本も観ながら大陸を越えるべし――それが「飛行機」という遅すぎる転送器と貧乏人の付き合い方の基本。いやはや。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

《紅色娘子軍》はほぼ完璧な国民主義バレエなのだ [現代音楽]

一昨日、壁の向こうの1番線ホームに到着したメルボルン・サザン・クロス駅の空港バス乗り場におります。実質たった4日間の短い豪州滞在を終え、夜行便で極東の冬の島国に戻ります。火曜日にはまた香港で、普通なら戻ることはないのだが、日曜日にNPOエク総会があり、一応は顧問なる便利屋をさせていただいているので出席の義務があり、そのためだけに一時帰国です。

さても、今回のツアーの最大の目的、中国国立バレエ団《紅色娘子軍》、初演以来延々半世紀以上続く最もオーセンティックなヴァージョンによる上演、ここまで大枚叩いてくるだけの価値はあっていっぱいおつりが来る、もうこのネタだけで1年は酒が飲めるというものでありました。
109.jpg
でっかい告知には「オーストラリア独占」とあり、どうやら過去はともかく最近はこの作品を外国のフェスティバルなんぞに持ち出したことはなかったみたい。やっぱりとっても貴重な機会だったんだなぁ。

以下、自分へのメモとして記すわけでありますが、なんといってもやくぺん先生、バレエというものは殆ど見物しません。この前舞台で眺めたのは…そう、初台のブリテン《パゴダの王》で、無論、踊りじゃなくて音を聴くため。ブリテン協会のオジサンとブーシーの広報のおねーさんに連れて行かれた、という感じだった。更にその前へと記憶を遡れば…そうそう、パイゾQと話をしにコペンハーゲンに行ったとき、ファーストのミッケルがコンマスを務める国立バレエ公演があり、《白鳥の湖》でミッケルのソロがガッツリあるからこれは行かぬわけにいかんでしょー、ってのかな。無論、音しか聴いてなかったようなもの。更に遡ると…記憶がないぞ。うううん。

ま、そんな程度の奴が言うことだから、以下の話を信じてはいけません。いいですかー、なんせそもそも「書いてあることはみんな嘘、信じるな」をモットーとする無責任私設電子壁新聞なんですから!

さて、バスも世界一閑散とした巨大空港アヴァロン(オーストラリア航空ショーの開催地としてのみ有名かな)に向けて走り出し、電源もアヤシいので、思い浮かぶままに箇条書き。

◆19世紀ロマン派バレエの語法が8割で、それにローカル舞踏などが加えられる。典型的な「国民主義バレエ」作品。悪辣資本家の私兵隊長やら補給部隊のオジサンなどには、中国雑伎団っぽい動きも感じさせるコミカルな細かい動きが満載。戦闘シーンには恐らくは京劇の剣舞も入ってるのであろうか。最終場の前の赤軍突撃シーンは、極めて様式化されたマスゲームのイメージも。ここで客席から拍手が上がっていたのは、この作品の観方を心得た観衆がそれなりにいる、ということなのだろう。ヒーロー、ヒロインが拳を握って踊るアイコンは、新たな語法の確立を目指したのかしら。

◆台本は些か長大な感はあるが、とても良く出来ていて、古典として生き残るだけのきっちりしたフォーマットを備えている。以下、「美少女ヒロインは理不尽な悪党の仕打ちから瀕死の状態で逃げ出す→ヒーロー率いる正義の軍団に偶然助けられたヒロインは、軍勢に加わる→最初の作戦行動でのヒロインの私的復讐欲のため、戦闘には勝利するもボスらは取り逃がす→ヒーローは闘いは私的な報復ではなく人民のためのものだとヒロインと娘らを再教育→美少女や海南島住民の平和な時を描く温泉回及び日常回→戦闘美少女としての自覚を得て成長したヒロインも加わり、赤軍と海南島解放軍連合の総攻撃開始→撤退戦の最中にヒーローは負傷、敵に捕らえられる→悪党との妥協を拒否したヒーローは、インターナショナルが高鳴る中に火炙りにされ壮絶な最期を遂げる→師匠を失った哀しみを堪え、紅色娘子軍と赤軍及び海南島解放軍の総攻撃開始→ヒロインの一撃で命乞いをするラスボスはあえなく最期を遂げる→インターナショナルが高鳴る中、革命に殉じたヒーローに祈りを捧げ、戦闘美少女軍は世界の開放のために前進を続けるのであった。そうだ、僕たちの闘いはこれからだ!」。これ、美少女アニメのストリーじゃありませんよ。要は、深夜アニメの戦闘美少女もの12本1クール分くらいに必要な要素は全て過不足なく詰め込まれ、「闘う美少女もの」アニメを一気見したときの感じまんまであります。正に古典中の古典。

1960年代人民中国の文脈に当て嵌めれば、「人民解放軍とは何か?」、「本当の敵は誰か?」のプロパガンダでありますな。それを、極めて技術的に高い舞踏で展開し、音楽はこれ以上「いかにも」なものはないもんがくっついてる。で、ストーリーのポイントは、「復讐を越え虐げられた人民の為に闘う戦士への哀しみを乗り越えての成長」。これって、どうなんでしょうかね、バレエの物語素としてはいくらでもあるものなんでしょうか。あたしゃ、よーわからんです。
19世紀に今の近代市民主義国家が形成されるとき、山のように出て来た国民オペラやバレエは、果たしてこんな風に見えたのかしら。国会議員ヴェルディ氏が作曲する《シモン・ボッカネグラ》はイタリア統一の融和を描いたものとしてこんな風に聴けたのかしら。《ローエングリン》や《マイスタージンガー》の「ドイツ」連呼は、こんな感情を搔き立てたのかしら。

この作品にリアリティがあるかとなると、うううん、少なくとも殆どの日本国民とすれば「イロモノ」という括りに入れて他人事として眺めたいでしょうし、それ以外に見方はないのかもしれんとは思うです。21世紀の今、「己の私欲を追求する資本家VS連帯した世界人民」というVS構造は、どうなんだろうなぁ、「貴方も私もみんな、大企業組織を前提にしないと生きられなかったり、大資本を支える株やったりしてるプチ資本家」となった資本家勢力勝利後の世界に生きる我々庶民は、この構造をアクチャルなものとして受け入れられるのでしょーかねぇ。お疲れ様のプリマドンナさん。
106.jpg

「紅色娘子軍は前進する、前進、前進!」と舞台の上から戦闘美少女率いる赤軍や現地解放軍が歌いながら(ホントにダンサーさんが歌ってます!)客席へと永遠に進軍してくる終幕、やくぺん先生の隣に座った中年になったばかりくらいの中国人と思われるオッサンは、一緒になって歌ってました。少なくとも、その中身をどう思ってるのかは知らぬが、この舞台はこのオッサンや隣の嫁さんには明らかに生きている。「爆笑」で済ませ、「なかったこと」とする対象ではない。

もうすぐアバロン空港です。ま、ともかく、今、この瞬間に記憶している《紅色娘子軍》の感想は、これにてオシマイ。取り落としたこと数多、ホントに若くて北京語を基礎からきちんと勉強出来るだけの時間が残されていたら「俺、これで本を書きたい」と思ったろうなぁ。うううん、ホント、まだまだ生きてるといろいろ勉強になるもんだ。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

南の大陸に赤軍娘が舞う日 [たびの空]

メルボルン・アーツ・センターの地下ロビーに座っています。あと1時間とちょっとで、かの《紅色娘子軍》公演が始まります。隣に座ってるのは明らかに舞踏系の評論家さんで、ネイティヴ・イングリッシュの短髪金色のアジア系カッコイイお嬢さんと講演内容についていろいろ話をしています。「色彩がねぇ…」「オリジナルがこれでね…」って、まるっきりシンガポールかなんかの舞踏芸術祭開演前のロビーみたい。
099.JPG
12月に《リング》見物に来たときに、2月にメルボルンでかなり規模の大きなアジア芸術祭「Asian-Pacific Triennale of Performing Arts」があり、その中国代表、ってか、まあ今の中国政府が送り込んでくるのがなんと《Red Detachment of Women》、そー、誰もが知ってるあの《紅色娘子軍》と知り、これはもうなにがなんでも来なければ、ということで本日に至った次第。
http://yakupen.blog.so-net.ne.jp/2017-02-08
目の前のモニターには、余りに有名なシーンが盛んに流され、夜に向けて盛りあげてます。
102.JPG
ロビーに置かれたソファの向こう側には、関係者タグをぶら下げ杖を抱えたアジア系のご老人がスマホ弄ってる。スゴく綺麗な中国系女性が人を待っている。でも、ロビーはとりたてて中国大使館関係者が…って感じじゃあありません。この街に生活しているアジア系の人がそれなりに来てるな、という感じ。無論、多数決では所謂「白人」さん系の方が多いです。

数日前に何度目だかにこの大陸に足を踏み入れ、あちこちウロチョロしていると、アジアにとってこの大陸がとても重要になっているんだなぁ、とつくづく感じさせられます。無論、この大陸にとってアジアが重要になっている、ということでもある。だって、オーストラリアのオーケストラ関係者と話をすると、二言目には「中国のオーケストラとの交流、関係の強化」と仰る。日本のオケからこんな言葉、聞いたことないのにさ。

少なくとも都市部を歩く限り、この大陸はアジアの一部としか思えないくらいアジア系の方々が多い。これ、さっき撮影したバスの中の風景。なんの深い意味もありません。市内のバス停で降りようとしている3人のうちのふたりがアジア系でんな。なんか、これくらいの比率、珍しくないよーな。
086.jpg
やくぺん先生としても、どうもこのところしばしば訪れることになってるこの大陸、なんだかとっても気が楽。そう、90年代の終わり頃まで、それこそ911の前まで、ニューヨークやボストンに滞在しているときに感じていた気楽さみたいな。今、ニューヨークの定宿に長逗留しても、あの頃に感じていたような開放感は、なぜかあんまり感じない。

なんなんだろーなー、そう、敢えて誤解を怖れずにいえば、「今、俺が20代くらいに戻れるなら、この街でまたやりなすのもありかな」って思わせてくれるような。日本列島で感じるもう先がない、ドン詰まりみたいな閉塞感とはまるでちがう、何が起こるか判んないけど、まあそれでもいいんじゃないの、って感じ。

きっと、住めば絶対にイヤなことだらけだろうし、社会は矛盾に満ちているのだろうし、政府は現日本政府とどっこいどっこいの酷さなんでしょう。でも、なんだか先が開けている感は、確かにある。

自分が生まれた土地を捨てて、ここに来て、生きる。そして、その根っこにあるものを「アート」なり「舞台作品」なりで再確認する、そんな作業が今、ここで行われつつある。

やくぺん先生にとっては、それは結局、たびの空。自分のことではない、他人事…

じゃあ、自分のことって、どこにあるのよ?

文化大革命の熱狂の中で「これが未来の芸術なのだ」と思った若者達は、今、老人の入口をこの街で過ごしたりしているのだろうか。あの時ちゃんは、あっちのばーさんは、1960年代の北京にいたのかしら。

当日件の販売が始まりました。20枚しかない、そこから後ろの方はキャンセル待ちになります、とチケットセンターのお姉さんが行列に説明しています。わあ、ロビーに北京語が溢れ始めたぞ。

誰が作曲したのか良く知らない20世紀半ばの中国を代表するバレエ、もうすぐ開幕。

[追記]

今、幕間です。なぜか2階より上の客席は売ってません。平土間だけ。こりゃ、4公演あっても満員になるわなぁ。ここじゃなくて、シドニーのオペラハウスでやれば丁度良かったかも。それにしても、「20世紀に於いて芸術とは何か」なんて大上段な議論をしたい方は、人生で一度はこの舞台をライブで観なきゃダメ。それも、中国国立バレエじゃなきゃダメかも。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ぜーんぶベートーヴェン…もどき [現代音楽]

てなわけで、昨日はバタバタと大阪日帰り。その目的のひとつが、いずみシンフォニエッタのこの演奏会でありました。
flyer.jpg
皆様よーくご存じのように、いずみホールが御上なんぞから助成金をがっつりいただいちゃったんでしょーがないからやるべーか、なんてことまるでないのにやってる、誰がどう考えても稼げそうもない「現代音楽」専門室内オーケストラの定期演奏会でありまする。「現代音楽」とはいえ、「おっかないゲンダイオンガク」じゃあなくて、あくまでも「オモロイ現代音楽」をやってまっせ、がモットー。

1950年代前衛が「現代音楽」=「わけわからんもん」というイメージをがっつりと確立させてから、時流れ今や半世紀以上が過ぎ、それでもやっぱり「現代音楽」=「難しい、わけわからん、しんどいだけで誰があんなもん金払って聴くんねん」という状況はさほど違っているわけではない。ま、それがどうしてかとか、あまりにもでっかい問題なんでこんないーかげんな私設無責任電子壁新聞で議論する気にもなりませんけど、事実としてそーとしか言いようがない。いずみホールの皆様とすれば、「ましてや大阪ですし…」などと付け加えたい気持ちにおなりになるやもしれませんが、ま、それはいずこも同じでんがな。

んで、なんのかんのあれやこれやで「それなりに聞いて楽しい、おもろい現代音楽」をやってきたいずみシンフォニエッタ、今回わざわざ日帰りで聴きに出向いたのは、なんとまぁ、このオケが「オール・ベートーヴェン」プログラムをやる、というから!っても、ちゃんと言えば、「オール・(もとは)ベートーヴェン」なんだけどね。

なんせ冒頭から、かのシュネーベル御大の「《運命》交響曲第1楽章から冒頭のジャジャジャジャーンのリズム・モチーフを抜き去ったらどーなるか」というとんでもない発想を大真面目でやっちゃった楽譜ですから。これ、ライブで聴いたのは初めてなんですが、敢えて猛烈に失礼な感想を言わせていただけば、「あ、俺、こういうパルス感皆無のむちゃくちゃ府抜けたベートーヴェンのクァルテット演奏、聴いたことあるぞ」と真面目に思ってしまいました。どの団体、とは言わないけど、「もの凄く新鮮といえばそれまでだが、これ、ベートーヴェン怒らないかぁ」なんて真剣に思ったあの演奏この演奏が頭に去来し…

要は、演奏というレベルではことによるとこれに近い「楽譜の異化」は散々に行われているのではないか、なんて考え込んでしまったであります。はい。

続いては、川島素晴氏編曲の弦楽合奏版《大フーガ》。え、でしょ。普通に作品133の楽譜買ってきて、指揮者さんがガーガー文句言いながら、普通にやれば良いじゃない、って思いますよね。どうして敢えて「中堅」という言葉に恥じない活動をなさっている作曲家さんが、わざわざ編曲せねばならないのか。別に弦楽合奏とはいえもの凄くバランスが奇妙とか、そんなハッタリがあるわけじゃない。正直、バランスから言えば、もうちょっと下が厚くても良いんじゃないとは感じるものの、まあ指揮者さんがいるんだからそこはなんとでもなるべー。

で、結論から言えば、もしかしたらこの日の演奏会でいちばん「わけがわからない」という印象だったのは、ちょっと見にはいちばんマトモにしか見えないこの曲だったかも。こっちも《大フーガ》でしょ、ってことでボーッとしていて、あっちこっちに細かい仕掛けがあれこれとなされているのにあれよあれよといううちに終わってしまったです。やくぺん先生のようなへっぽこロバの耳には、明らかに奇妙なのはコーダ前のもう一回フーガいきましょか、ってなりながらいかなくなる辺りで、ヴァイオリンがなにやらハーモニックスみたいなもんをピリピリ鳴らしてたり、ってとこくらいなんだけど。ま、いずれ近い将来、公式のライブ映像配信がある筈なので、ご関心の向きはしっかりそちらをご覧あれ。

まあ、つまるところ、「作曲家川島氏に聴こえる《大フーガ》はこうだ」ということなんだろうなぁ。そういう意味では、へええええ、と思えたり思えなかったり。ぶっちゃけ、よーわからん。ただ、少なくとも弦楽四重奏版とはまるで違うことは確かです。

なんだかもう疲れてきたので、西村朗氏のベートーヴェンの第1から第8交響曲のあちこち断片を、各楽章毎に用いながら次々とコラージュした大序曲に関しては、それこそライブ配信があったらお聴き逃しなく、とだけ記しておきましょう。これはもう、理屈抜きに大爆笑。だけど、かの有名な山本直純作曲交響曲第45番《宿命》とはまた違った質のものです。巨匠作曲家がベートーヴェンのモチーフをあれこれ混ぜ合わせてコラージュを本気で作ってる。何より秀逸なのは、第2楽章の終わり方。へええええ、ってね。かの「終わるに終われぬ病」ベートーヴェンを一喝するかのよーでありまする。

んで、後半はなんとなんと、再び川島編曲で室内オケ版《皇帝》。ソリストは豪華若林さんですから、もうまるっきり本気でんがな。コントラバスひとり、チェロふたり、管はホルンは2本だけど他は全部ひとりで、なぜかトロンボーンまで座ってるぞ。ちゃんとティンパニーはおりまする。

今時、室内オケと呼べる小規模編成でこの曲をやるとすれば、ピアノはアントン・ヴァルターのレプリカだとか、1810年のブロードウッドのオリジナルでございとか、そんなもんじゃろ、と思ってしまいますよねぇ。ところがどっこい、若林さんの前に置いてあるのはモダンのスタインウェイです。で、もう容赦なく、ガンガン弾きます。わああ、ピアノもんのすごーーーく聴こえるじゃん、ってことになる。少なくとも、どんな部分でもオケがピアノをカバーしちゃってせっかく細かい音符弾いてるのにわかんないよー、ってことは全くない。

「編曲」とは何なのか、いや、「オリジナル編成」とか「オリジナル楽器」とかって一体なんなのか、あらためて考えちゃうような再現でありましたとさ。

いずみシンフォニエッタの「オモロい現代音楽」、なぁるほどベートーヴェンは現代音楽だ、なんてことは言うつもりはないけど、とってもオモロかったことは事実でありまする。遙々訪れた価値ありの神武天皇記念日でありました。ライブ映像配信、必見です。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

関空滞在20分~LCCは安くない…かも・ななたび  [たびの空]

成田空港から葛飾オフィス厄偏舎へ、京成空港アクセス特急最終便で戻ってきたとこです。毎度ながら、ホームはデカイ荷物をひっぱった旅行客で殺気立ってるのだけど、鉄道という破格の大量輸送システムの実力発揮、乗り込んでしまえば「ガラガラ」としか言いようが無い状況。ま、空港連絡鉄道って、これくらいが本来の在り方なんでしょうけど。

さても、本日は大阪で嫁さんと一緒にある方に会ってプライヴェートとお仕事がギリギリグチャグチャみたいな話をし、新天地に移ったばかりの青年に会い、それから慌てていずみホールに向かいいずみシンフォニエッタを聴き…って相当にタイトな日帰りたびの空でありました。

往路は連休の朝のパツパツなANAさんのトリプルセブン、関ヶ原豪雪らしく新幹線がアヤシそうと読んだ人が多かったのか(?)、満杯の機内の真ん中席で忍耐の1時間を過ごし伊丹に到着。空港までお迎えいただいた相手の車で市内に入り、なんのかんの。いずみシンフォニエッタは極めて興味深い演奏会ながら、最初や途中に挟まったお話が弾んじゃってかなり伸びたこともあって、終演は予定よりも10分押しの午後6時10分でありました。お嫁ちゃんはANAさんのタダ券で、午後8時20分伊丹発お馴染みの羽田行き最終便。あたくしめは次の香港行きでタダ券獲得の諸ポイントなどを使い切ってしまっていたので、あっさりとLCC、関空発午後8時5分也。今終わった若林さんの室内楽編成《エンペラー》の感想を語り合う間もなく大阪城公園駅に吹っ飛んで出ざるを得ない。ゴメンナサイ、いずみホールの皆様、演奏家の皆様!

なんせLCCジェット星さんは、「チェックインは30分前まで、ゲートには出発25分前までに来ていなさい」と仰る。ANAさんとかLHさんなら、そんなこと言っててもチェックイン済ましていて預ける荷物無ければなんとかなるさ、と思えるわけだが、なんせ相手は「人としての権利を得るためには全てお金を積み上げねばならない」という方針は明快なLCC、タイトな定時運行を維持しないと日々のお仕事がまわっていかないので客の積み残しだって全部自己責任、という明快なポリシーに貫かれております。ゲート前に午後7時40分に到着していなかったということを理由に、やくぺん先生の搭乗が断られても文句の言い様はない冷徹な世界なのでありますよっ!

というわけで、関空ゲート(何番ゲートか知らないが、まあ、いつもの第1ターミナル入って右手いちばん奥であろうことは推察出来る、ってか、空港側に余程の特殊事情が無い限り、いつものゲートでありましょう)に至らねばならぬ時間まであと丁度1時間半!無論、その前にセキュリティゲートを突破する時間も必要であります。客観的に見て、公共交通機関を使おうというならば、タイムリミットぎりぎり、ちょっとでもぼーっとしてたり、判断を間違えればアウト、という残り時間でありまする。いやはや。

ええ、ご存知の方はよーくご存知のように、いずみホールから関空って、行きやすいのか行きにくいのか、ちょっと微妙なところがありまする。なんせ大阪ビジネスパークは関空アクセスバスがほぼ皆無だし、やっぱり雪模様の空だったので高速がどうなってるか判らぬ。地下鉄乗り継いでなんばまで行ってラピートに乗る、ってのが速そうだが、この乗り継ぎが案外面倒。特に南海なんば駅アプローチが、京成の上野駅乗り換えスカイライナーより大変。んで、スカイライナーなら日暮里に相当する新今宮で乗り換えるべーか、と考えるわけだが、これまたJR西日本と南海がJR東日本と京成みたいな冷たい戦争をやってる感がありあり(としか異境の身には見えぬ)、大阪ビジネスパーク駅から環状線外回りで新今宮に意向とすると、そのひとつ手前の天王寺で殆どの列車が終点になってしまい、一駅のために跨線橋渡ったり待ったりせねばならない。

この天王寺駅で降ろされてしまった場合、選択肢がある。要は、環状線でタコ焼きドームの方をまわりながらやってくるJR西日本の和歌山方面関空行き列車を待つか、それとも一駅向こうまで行って南海に乗り換えるか、でありまする。大枚奮発して「はるか」に乗るという手もあるし、特別料金不要の快速もある。南海に行っても、ラピートに乗るかそれとも普通の特急(じゃなかったっけ、私鉄は各社でバラバラな名称なんでわけわからぬ)で向かうか。ま、「お値段」で選択するのが万国の貧乏人代表たるLCC乗客の基本ポリシーなんだが、本日はともかく時間がギリギリという状況。10分はいわずもがな、5分の時間短縮が決定的な要因になりかねない状況であります。さああああ、どーするどーする。

おっと、話が先に行ってしまった。もとい。んで、いずみホールを走るように出て、大阪環状線は大阪城公園駅に向かっていると、おおおお、一番安易な選択肢たる「環状線内回り経由関空往き快速」がこちらに向かってくる。当初の予定では、6時終演で表方の皆さんにご挨拶してすっ飛んで出て、これに乗れば7時20分過ぎくらいには関空駅に到着するだろうから、まあギリギリとはいえさほど焦ることもなく関西を去れるであろー、なーんて目論見だったその列車が、目の前を京橋方向に向けて走り去っていくではないかあああああ!

さあああどーする、プランBなど無論、考えてないぞ。駅改札前に到着し、掲示板を眺めるに、環状線外回り各駅停車が直ぐにやってくる。これはもうなんのかんの考えてる暇はない、大阪駅からリムジンバスで伊丹に向かおうというお嫁ちゃんに暫しの別れを告げ、PASMOかざしてホームに突っ走り、到着したどうしても中央線快速にしか思えない列車に飛び乗るやくぺん先生であった。

神武天皇記念の目出度い祭日の夕刻、善男善女大阪市民は次々と下車していき、哀れ終点だった天王寺に至る頃には車内は閑散としております。大阪環状線、土休日の夕方はグルグル回ってる列車は殆どないみたい。ともかく、天王寺到着が6時28分くらいで、跨線橋を渡ってまずは環状線外回りホームに向かうと、隣駅に行く列車は6時36分だかでありまする。で、跨線橋向こうの和歌山方面ホームに空港行きのマークが見えるので眺めるに、6時43分発関空快速がある。慌ててホームで検索すると、関空到着は7時33分であります。ホントにギリギリだけど、関空の国内線セキュリティはこの時間になるとガラガラなのが常なので、関空駅からセキュリティ入口まで走ればなんとかなるだろう。
困ったことに、その後に「はるか」があるぞ。明らかに快速は途中で追い抜かれるだろうが、これまた慌てて調べると関空到着は7時25分也。ううううん、微妙だなぁ、千数百円払ってこの8分を購入する必要があるか、それとも貧乏人LCC搭乗者らしく関空で走るべきか…

既にこの時点で一駅行って新今宮で南海に乗り換える、という選択肢は捨ててます。ともかくJR和歌山駅方面ホームに移動し、さほど悩むことなく、貧乏人としての責務に耐えることを決意。そうこうするうちに関空快速がやってくる。へえ、案外、混んでるなぁ。なんと、席にお座りになってるおばさま、先程のいずみシンフォニエッタの当日プログラムをお読みになってるじゃあないの。なんてことない、ちゃんと最後まで拍手して、大阪城公園駅で内回りホームで待ってこの列車に乗ったのと同じだった、ということかいなぁ…

もうあとは7時33分までやくぺん先生に出来ることはない。いつもは南海に自動的に乗ってしまうので、JR西日本和歌山方面行き列車を物珍しげに眺め、見慣れぬ読めない駅名に勉強になるなぁと思い、やがて当日プログラムを熱心にお読みのおばさまも下車し、混雑した車内も人が減り、JR東日本住民には珍しいひとりがけ席が空いてそこに座り、やがて周囲は外国語だらけになって
004.JPG
無事に定刻通り7時33分後半に列車はJR関空駅に到着。大きな荷物をエッチラオッチラする暖かい南のおうちに戻る方々を尻目に、エスカレーターを駆け上がり、PASMOポンとタッチして、空港第1ターミナルの国内線出発セキュリティゲートに向け哀れひた走る爺こそがやくぺん先生であったとさ。

ちなみに同じ時刻に伊丹に向かったお嫁ちゃんは、大阪駅から丸ビル前まで歩き、リムジンバスに乗り、伊丹空港には午後7時頃に到着。この時点で優雅にラウンジでゆったりお過ごしになっているとの連絡が入っておりまする。おお、レガシーキャリアご利用の殿上人よっ!

さても、貧乏人は闘いは佳境。案の定、もう出発便は数える程の関空国内線セキュリティは空いていて、誰も居ないゲートを背負子からパソコン出してあっさり通過。チェックインは搭乗48時間前に済ませ、プリントアウトもしてあるので、チェックインカウンターに立ち寄る必要もありません…っても、既にチェックインカウンターを右手遙か向こうに眺めたときは、チェックイン終了時間の7時35分は2分程過ぎており、赤い制服のおねーさんたちがカウンターにカバーを被せ始めておりましたです。で、セキュリティをあっという間に抜けて、ゲート前に到着したのが7時39分。わおぉお、まるでB級サスペンス映画クライマックスみたいな、カウントダウン・ジ・エンドにギリギリの到着でありまするぅ!

レンツォ・ピアノの美しい造形の関空ターミナルも、今や貧乏人が寒そうに待ってる田舎の長距離バスターミナルにしか見えないLCC搭乗口
007.JPG
コートを脱いでゼーゼーという吐息が収まるのを待つもなく、もう搭乗の案内が始まります。かくて機内の入り、機内中央よりちょっと後ろの17列Eという真ん中。要は、「後方座席のいちばん前列の真ん中」で、ジェット星を座席予約460円をケチって48時間前丁度にチェックインするとほぼ確実にこの辺りの席が割り振られる、というところ。ま、寝てるだけだからいいけどさ。ご指定座席に着席したのが7時50分でありました。

てなわけで、関空のターミナルに到着してから機内に入るまで、なんとまぁ、正味20分弱。これ、レガシー航空会社ならあり得るけど(それだってあまりやりたくはないわねぇ)、LCCでは驚異的な数字と言えましょうぞ。これを上回る数字など、もう出したくないわいっ!

フライトレーダーさんの情報に拠れば、定刻8時5分関空発LCCジェット星5号機やくぺん号、関空を離陸したのが8時16分、成田のBランに南側から着陸したのが9時16分、正味1時間のフライトでありました。機内ではいかにもLCC最終便らしく、ベーグルサンド、カレーパン、焼きお握りが半額で特別提供されており、無論夕飯など食っていないので余程買おうと思ったが、屈強な男性2名に挟まれた真ん中席ではすちゅわーですのおねーさんに声をかけるタイミングもなく、結局、喰わず仕舞い。まあ、この時間なら葛飾オフィス厄偏舎最寄り京成駅の駅前スーパー閉店時間前には辿り着けそうだから、まあいいや、と思いつつ過ごした次第。ちなみに、お嫁ちゃんの伊丹発最終日羽田行きANA787みのちゃん号は、8時20分くらいに伊丹発、やくぺん号を追いかけるように同じ東海道沖太平洋上を東に向かい、同じく9時20分過ぎ頃に無事に羽田に到着したようであります。

とはいえ、前回の「LCCは安くない…かも」シリーズで記しましたように、成田第3ターミナルはここからが闘いなのであります。なにせ成田アクセスの最大の問題たる鉄路のフリクエンシーに関しては、30分に1本の田舎のバスくらいの感じの時間帯。かつてはケネディ空港夕刻発成田便が9時過ぎに第1ターミナルに到着し、なんかあったら大変だわなぁ、とアリューシャン列島上空辺りから偏西風が強すぎないことを祈っていたものでありますが、それも今は昔。成田はすっかり国内線空港になってしまったわい。

以下、時系列で、淡々と。

LCCジェット星やくぺん号、なんとまあ、到着スポットは第3ターミナル本屋からいちばん遠い場所。バスゲートじゃなくても、とてもじゃないが9時32分の京成本線最後の特急は無理。後ろに座っていた関西弁の若者らが、あと8分だと叫びながらながぁあああい到着スポットからターミナル本屋までの寒々しい通路を走っていく。ぐぁんばれ、若者、成田の怖さを知るのじゃ!
009.JPG
ターミナル本屋に到着は正に9時32分。人々がバスのチケット引き替え上に並んでら。迷わずにバスターミナルに向かい、9時37分発のバスに乗車。どうやらバニラ国際線が到着したようで、かなりの混雑振り。
015.JPG
第2ターミナルバス停に到着は9時40分。ノンビリ京成ホームに行き、10時6分発のアクセス特急最終便を待つ。その前に京成線周りがあるが、厄偏舎最寄り駅到着は北総線経由の方が30分近く早いのであーる。
017.JPG
10時50分に厄偏舎最寄り駅に到着。途中、お嫁ちゃんから「今、大門駅で大江戸線乗り換えを待ってます」という連絡が入る。11時閉店直前のスーパーに飛び込み、見切り品のラーメンとか明日の朝ご飯用の見切り品サンドイッチとか、LCC乗客らしい貧乏人っぷりを発揮し購入。厄偏舎に戻ってくると11時過ぎであったとさ。

かくて、お値段6000円弱で、いずみホールから葛飾厄偏舎までdoor to doorで4時間50分也。LCCはやっぱり安くて速いぞっ…かしら。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の8件 | -