So-net無料ブログ作成
検索選択
前の8件 | -

36回目の夏…? [ゆふいん音楽祭]

ゆふいんに来てます、ってか、正確には、来てました。今、大分行きのJR普通列車が由布院駅を発車したところ。
022.JPG
LCCで昼過ぎに大分空港に到着。湯布院行きの亀の井バスは何故かLCCには連絡しておらず、空港で1時間半も待たされ、国東半島の先っぽから由布岳麓まで延々と高速走ること1時間、懐かしの中央公民館隣のバス停に到着したらもう3時前。っても、この場所に来ると慌てる気にもならず、観光客がひとりもいない河原をノンビリと現音楽祭実行委員長の超有名宿向かいの音楽祭実質上の本拠地の某喫茶店まで歩き、今の若頭氏の店長のいる店の奥に「おっす」と顔を突っ込む。んで、もういきなり、なんの前提もなく、5分間の立ち話で11月以上の状況の説明を受け…

11月の復活ゆふいん音楽祭、取り仕切った実行委員は殆どがかつての35回の夏を知らない若い連中ばかりで、彼らとしてみれば「自分らが知らないこういうゆふいんがあったのか」と驚いたとのこと。今の、アジア圏数カ国語乱れ飛ぶ「国際観光地」ではない、何だか知らないけどなーんにもないけど妙な、面白い人達がワラワラいる場所だったゆふいんの空気。それがどんなものだのか、初めて知ったという。

じゃあ、それをまた…と簡単にいかないのは当然だし、やっぱりこれまでの実行委員会みたいな「良いよ、別に来年やらないなら」という調子でやるのもちょっと困るという。で、どーするどーする、あーするこーする…

とにもかくにも、ことによると、2017年のいつものあの頃に、もう一度「ゆふいんの夏」が巡ってこないとも限らない…のかな。

ま、ゆふいんの話です。話が1月から動いているなんて、驚異的なこと。とにもかくにも、この街はこの街なりに今を生きている、ってことを眺めて、大分へと下りましょ。ほれ、いつもの公民館にも、ちゃんと告知のチラシがあるしさ。
056.jpg
ベートーヴェンの弦楽四重奏曲が大分県できちんと鳴るのは、ゆふいん音楽祭が終わってから初めてじゃないかしら。

世代が代わり、人が変わり、音楽も変わる。それをイヤという理由は、なにもなし。そして、わしがやる理由も、もう、なにもなし。やりたくても、やっちゃ、ダメ。

只今、湯平駅、通過。

[追記]
大分のいいちこ文化ホールで、音楽祭の若き実行委員、市役所のS氏に遭遇。ま、当然といえば当然でありまする。で、休憩時間には直方の室内楽協会のW氏を交えて、いろいろ情勢を話すことになってしまいました。つまり、大分でベートーヴェンの作品18から2曲と作品127をやれば、これくらいの人はワラワラと集まってくる、ということでんな。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

今年の齋藤秀雄メモリアル賞受賞者は [演奏家]

本日午前0時を以て情報が公開となりましたので、お知らせいたしまする。

第15回齋藤秀雄メモリアル基金賞、本年度の受賞者は、チェロは酒井淳氏。指揮者部門は該当者なし、ということになりました。

昨年のアブダビからボルドーに移動する間での無茶など、どうしてだったのか、やっとお判りになったかしら、ってことでんな。

受賞式は本日昼から、あちこちのメディアで報道があると思いますので、酒井さん、そしてカンビニQを宜しく御願いいたします。やっぱり、この方とのツーショットが一番大事。そー、伝説の名古屋「スタジオ・ルンデ」の鈴木さんです。お久しぶりにお目にかかったけど、お元気そうでなによりでした。
009.JPG
やくぺん先生とすれば、これで3年のお勤めもオシマイ。指揮者はともかく、チェリストに関しては「東京のチェリストに賞を出さなかった」のはよかったでしょ、と勝手に思ってる次第。

なにはともあれ、主催者の皆様、酒井さんを宜しく御願いします。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「音楽祭の成功」って? [音楽業界]

当電子壁新聞を立ち読みにいらっしゃるような皆々様ならば、とっくにご存知でしょうけど、金沢のラ・フォル・ジュルネがこういう音楽祭になるようであります。
http://www.chunichi.co.jp/article/ishikawa/20170113/CK2017011302000025.html

このイベントを巡って、先月初めくらいに梶本音楽事務所がこんなステートメントを出し
http://www.kajimotomusic.com/jp/news/k=2609/
なんだか大変そうですねぇ感バリバリだったわけでありますが、最終的に「あんかなをメインに据えた別の音楽祭を同じ時期に開催する」ということになったわえですな。

個人的に言えば、この騒動を巡っては特に関心も無いし、何が問題だったのか知りたいとも思いません。ただ、新音楽祭の起ち上げを巡る記者会見報道などを眺めるに、うううん、と思ってしまうところがあるですよ。
http://www.chunichi.co.jp/article/ishikawa/20170113/CK2017011302000025.html

ぶっちゃけ気になったのは、「前田会長は「一年目なのでメンツにかけても成功させなくてはならない」と強調。」というところです。メンツはどーでも良いが、「成功」という言葉を使う以上、音楽祭組織の中に評価委員会みたいなものでも設置するのかな、と思ったら、どうもそういうことでもないみたい。評価委員会があるならどういう顔ぶれを並べたのかしら、というのが一番関心があったところなんだけど。

もうひとつ、テーマがベートーヴェンって、正に最初の有楽町のラ・フォル・ジュルネを思い出さざるを得ないわけでありますが、大いに残念なのは交響曲、協奏曲、ピアノ・ソナタは全曲やるというのに、室内楽は特にアナウンスがないこと。そんなものやると「成功」の足を引っ張りそうだから、なんて理由だったらイヤだなぁ。

残念ついでに記せば、プロデューサーを世代交代しなかったのも、もの凄く残念です。
http://mainichi.jp/articles/20170115/ddl/k17/040/156000c
せっかく仕切り直し、出直しをするなら、やっぱりプロデューサーを30代まで若くし、前の音楽祭からやってきた功労者は裏にまわって支える形に出来なかったんですかねぇ。世界の業界を眺めるに、やっぱりちょっと異例な高齢っぷりであることは否定しようがないでしょう。

いろいろ事情はあるのでしょうが、新しい若いプロデューサーを据え、ルネ・マルに対抗するキャラを前面に押し出すという手はなかったのかしら。そういうことがあれば、連休は金沢に詰めなきゃ、と思ったろうに。

来年以降に期待しましょ。続けば、なんでしょうが。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

東京都がTANに賞をくれた [新佃嶋界隈]

昨日、NPO法人トリトン・アーツ・ネットワークのサイトで、このようなアナウンスがありました。
http://www.triton-arts.net/ja/news/2017/01/13/2340/
うううん、素直に「良かったですねぇ」と言えばそれまでなんでしょうが、いろいろ考えさせられることもある話であります。

非常に率直に言えば、「賞というのは、貰う側がいろんな事情でホントに評価して欲しいときにはなかなか貰えないものなんだよねぇ」という当たり前のことですな。NPO法人としてコンサートホールを運営するという考えが出て、それを実践に移すために運営母体となる企業の関係者やディレクター、はたまた東京都との折衝にあたった法律家の皆様など、世紀が代わる頃の努力やら無茶やらは、今や遙かな昔話。あるのが当たり前になり、晴海月島佃地区に音楽家がアウトリーチをして歩くのはもうなんの不思議もなくなった。そんな立ち上げを知る人も誰ひとり居なくなり、ミネソタ管でボランティア・サポーターの動き方を良く知っている大植英次がやってきて「サポーター活動によって支えられるホールの在り方」なんかの話をし、感動して、賛同して、加わっていった方々ももう殆どいなくなっている。

そういう人達が去った後、まるであるのが当たり前のようになった頃、ある意味で最初は宿敵だった(とまでいうと言い過ぎと叱られるだろうが)東京都が表彰してくれる。

ま、そういうものなんでしょう。東京都の側にだって、もうNPO法人認可前の経緯を知ってる人なんて、誰もいないんでしょうし。

もの凄くポジティヴに言えば、そういう立ち上げの苦労話なんぞを知らない方々がきっちり後を継ぎ、続け、その結果が表彰されるというのは、もの凄く意味があることです。だってさ、日本の多くの文化組織って、起ち上げた連中がずーっとそのまま延々と続け、歳を取り、後続者が育たないまま消えていってしまう、というのが哀しい現実だった。きっちり次の世代に渡せた組織って、案外、少ないんじゃないかしらね。

ま、なにはともあれ、あたくしめは「御目出度う御座います」という立場にもないので、ただひたすら、「こんな賞貰っちゃったんだからもう後戻りは出来ない、頑張って下さいな」と発破をかけるに止めさせていただきまする。

東京23区の中で数少ない「文化振興財団」のない僻地中央区、今や人口10万を突破し、子供も若い家族も増え…大川端新興住宅地に、1月の雪が舞う。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

来シーズン演目発表の季節 [音楽業界]

クリスマス休暇が終わり、新暦の新年が明け、旧正月のお休みで日本以外の東アジア圏では大移動大混雑の時期となるまでは、世界の音楽業界公報さんが滅茶苦茶忙しいときです。この頃、各劇場オーケストラ、秋からの次期シーズン・ラインナップを一斉に発表することになるからであります。

早速、昨日から今日にかけ、いくつかの発表があり、リリースが流されてきたりしてます。まずは、一応は納税者たる我が日本国のナショナル・シアターの秋からの演目発表がありました。ほれ。
http://www.nntt.jac.go.jp/release/detail/170112_009606.html
うううん、やっぱりなんといっても《松風》ですな。これ、「新制作・日本初演」と謳ってるんだけど、歌手はともかく演出装置指揮全て、この前香港でやったお馴染みの初演チームですわなぁ。「安心の伝統ブランド」ということで、まあいかにもこの劇場らしいけど、こういうのを「新制作」というのはいかんせんどうなんじゃろかね。初台のスタッフは香港にも来てたから、いろんなことは良ーく判ったうえでものを言ってるんでしょうが。正直、初台の大劇場には正直デカすぎる。これは中劇場でやるべきでしょう。切符の値段を高くしても来る奴は来る、安くしても大劇場では集客が大変なのは目に見えてるわけだし。

それから、なんといっても期待はびわ湖ホールのプロダクションを持ってくる《ミカド》でんなぁ。不敬罪と御上が騒ぐくらいの演出をやってくださらないと、「国立劇場」でやる意味はない演目なんだが、どーなんじゃろか。日本センチュリーを連れてくる、ってのもスゴいぞ。

蛇足ながら、世界の常識に則り、隣の劇場の方も覗いてみると…
http://www.nntt.jac.go.jp/release/detail/170112_009746.html
へええ、『トロイア戦争は起こらない』って、滅茶苦茶懐かしいなぁ。なんか劇団四季が旧第一生命ホールでストレート・プレイ盛んにやってた頃みたいな気分に…。

さてと、我が国ニッポンちゃちゃちゃは自決覚悟の大散財五輪に向けてこんな調子なところ、北米からの第一報が来ました。トロントのカナディアン・オペラ・カンパニーからです。ヨーロッパなら人口10万人の街の劇場まですっかり情報が飛び交う昨今の日本語文化圏、なぜか北米アジアは圧倒的に情報がなく、あまり話題にされることもないようなので、お伝えしましょう。問題ないだろうから、プレスリリースをまんま貼り付けちゃいます。えいっ。
COC Release - 17-18 Season News - FINAL.pdf
新演出もいろいろあり、レバノン系カナダ人演出家さんの《後宮からの脱走》なんて、どう考えてもいろいろありそうな話題の出し物もあるけど、個人的にはやっぱりカナダが誇る(っても、フランス語圏だが)ルパージュの《ストラヴィンスキーいろいろ》でしょうね。これって、どんなんねん?なんか有名な舞台らしいけどさ。
http://www.coc.ca/PerformancesAndTickets/1718Season/NightingaleShortFables.aspx?agilitychannel=website&utm_source=wordfly&utm_medium=email&utm_campaign=SeasonAnnouncement17%2F18&utm_content=version_A&promo=12036
ま、トロントは直行便がいくらでもありますし、冬はアホみたいに寒いけど劇場もアクセスしやすいので、お暇な方は是非どうぞ。以上、完全に各団体公報さんの代理作文でしたっ。

[追記]
翌朝起きたら、サンフランシスコ歌劇場からのアナウンスメントが来てました。週末前に情報だけ送っちゃえ、ということですね。来シーズンの中身ではなく、「17日昼の12時半から来シーズンの発表を行います。ストリーミングもやります。ピーター・セラーズとかジョン・アダムスも登場しますので、よろしく」というものであります。SFって、今は時差17時間だろうから、ええと、要は日本時間では18日の午前5時半、ってことですな。ま、ご覧になりたい方はSFオペラの公式サイトを眺めてみて下さいな。

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

シジュウカラ・レストラン移転のお知らせ [葛飾慕情]

葛飾区中央部、荒川放水路と中川の間、水戸街道南の上空数メートルにお住まいのシジュウカラさんたちへのご報告です。シジュウカラ語じゃないし、飛ぶ方々がwebアクセス可能なのか判らぬが、ま、それは仕方あるまいて。

去る秋の終わり以来、皆々様にはご贔屓いたいておりまする葛飾オフィス厄偏舎物干し台に冬季限定でオープンした「シジュウカラ・レストラン」、本日深夜に移転いたしました。以前の店舗から距離にして1メートル程西です。
01-12シジュウカラレストラン改定.jpg
移転の理由は、一重に皆々様のセキュリティ確保にあります。

皆様よくご存知のように、当レストラン近辺には住所不定無職の猫様が多数お住まいになっております。レストラン開設以来、幸いにも皆様に評判が伝わったか、みかじめ料を求めるかの如く周囲を彷徨きまわっている愚連隊ひよちゃんず、かつてのパリの街を荒らし回った日本人団体客のようなむく軍団、甘い物だけ大好きめじろん様ご夫婦などなど、様々な方々がレストラン近傍にいらっしゃるようになりました。そんな皆様の様子を、お猫様方もぼーっと眺めている筈はありませぬ。めじろんご夫妻がひよちゃんずからトンズラする際にご愛用の藪の中やらレストラン真下の物干し台下やらに、お猫様がじっと身を潜め、まるでノンビリお昼寝をしているような振りをしつつ、皆様の行動をしっかりウォッチしている風情でありますっ。

このままでは事故が起きること必至。その前に、少しでもお猫様生身スナイパーから距離を取れる場所に移転させていただいた次第。

既にまるまるひとつが消費されつつあるエナジーボールは、新品を補充いたしました。存分におつつき下さいませ。なお、大人気で残すところ在庫4分の1を切っていた「シジュウカラ輪っか飯」は、移転時の事故で崩壊してしまいました。ゴメンナサイ。当面、欠片はレストランの屋根に並べてありますので、ご自由にお召し上がりくださいませ。雨が降ったら流れちゃいますから、早い者勝ちでありまする。

皆様におきましてはご飯にありつくのが年間で最も難しい、日本列島は関東平野の厳冬期となります。今後も事故がない限り、梅が咲き桜が散る前頃まで、レストランは開設予定でありますので、ご安心くださいませ。なお、お客様の間でのトラブルが目立ち、シジュウカラご夫妻の来店に支障をきたすことしばしばな「蜜柑」につきましては、梅が咲く頃まで週1度程度のスペシャル・メニューとして提供させていただく予定ですので、悪しからず。

葛飾シジュウカラ・レストラン店長 厄偏


[追記]
その後、レストラン、無事に繁栄しております。
023.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ジョン・アダムス弦楽四重奏曲第2番日本初演決定 [現代音楽]

カテゴリー横断ネタですなぁ。

来る4月24日、今や関東地方の「弦楽四重奏のメッカ」としての名声を不動のものにしつつある鶴見サルビアホールで、ジョン・アダムスの弦楽四重奏曲第2番が日本初演されます。先程、主催者の方から確定という情報を得ましたので、記しますです。

演奏するのは、そー、言わずと知れた我らがアタッカQでありまする。っても、この曲もどうやら当面のところ演奏許可を有しているのはセント・ローレンスQとアタッカQだけみたいなんで、セント・ローレンスQがまるっきり来日などありそうもない現状に於いては、今回聴かないと次にいつ聴けるか判らぬ状況でありましょうぞっ。

曲に関しては、いまどきのメイジャー作曲家ですから、ちゃんと自前のwebサイトでガッツリ解説まで用意してありますし、さわりながら音もありますので、こちらからどうぞ。
https://www.earbox.com/second-quartet/
それにしても、この写真、そう言われなかったら絶対にセント・ローレンスQとは思えないわなぁ。ファーストは不良オヤジっぽさがますます増してるけど(昨年の夏にバンフでご一緒してましたけど、ライブの方がもっとうんと不良オヤジっぽいです!)。

なお、アタッカQの4月下旬の公演、メイン、というわけではないけど、数があるのは開催危ぶまれた311の年に彼らが優勝した大阪国際室内楽コンクールの第9回大会を前にした関西地区でのアウトリーチなど地域活動なので、恐らく、ジョン・アダムス作品がきちんと聴けるのは鶴見だけであろうとのこと。もしかしたら関西ではアウトリーチで一部楽章などやるかもしれないけど、ギリギリまで判らないわなぁ。

てなわけで、とにもかくにも、ご関心の向きは鶴見に入って下さい。よろしく。

[追記]

N響の来シーズンのプログラムが発表され、なんと、《Absolute Jest》が日本初演されます。
http://www.nhkso.or.jp/contents/wp-content/uploads/2017/01/2017-18season_program.pdf
2018年1月末、残念ながらNHKホールです。サントリーだったら1回券が買えないから、良かったという考えもあろうが、それにしてもちょっとねぇ。指揮がウンジャンで、セント・ローレンスQを連れてくるわけですな。うううん、アタッカQはいろいろ売り込んでたんだけど、やっぱり指揮者がソリスト連れてきちゃうのが一番強いわなぁ。残念だなぁ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

マルコが三朝にやってくる [シモン・ゴールドベルク・メモリアル]

カテゴリーが難しいけど、一番適切なのは今は亡き「シモン・ゴールドベルク・メモリアル」だろうなぁ、ということで。

富山のゴールドベルク音楽祭ではお馴染みだった、アメリカ国会図書館に贈与され未亡人の遺志でニックが使っている故シモン・ゴールドベルクのグァルネリ・デル・ジェスのメンテナンスを勤めるボストン在住(ってか、クレモナと往ったり来たりだと思うんだが)のヴァイオリン・メーカーにして現役史上最高のヴァイオリン・コピイスト(などという職種があるのか知らぬが)のひとり、マルコ・コッピアルディ氏は、当電子壁新聞を昔から立ち読みなさってる皆々様にはご記憶のことでありましょう。
http://yakupen.blog.so-net.ne.jp/2011-01-29

そのマルコが、久々に日本にやって参ります。って、ホントはやってきています。本日、築地で飯食いました。で、3月の話を知った、というのがホントのところ。ほれ。
030.jpg
場所は鳥取は三朝のヴァイオリン美術館。
http://misasavm.com/2f-musichall.html
ここで3月に日本のプロのヴァイオリン・メーカーさんを集めた講習会で、マルコの本領発揮の楽器のコピー作成についてのセミナーをするそうな。まあ、中身が中身だけに、これ以上の内容をここに記して良いのかもわからないし、どういう形で開催されるのか、マルコに会いたいなどとノコノコ出かけて挨拶など出来るような状況なのか、全然わかりません。ゴメン。

ちなみに、上の写真、左に移ってるちっちゃな生命体はともかく、マルコの右側にいる美女はなんじゃ、とお思いでしょ。なんとなんと、マルコのお嬢さんでありますっ!ええええ、びぃっくりぃいいいいい!

マルコのセミナー、ご紹介出来るようなものであれば、またご紹介いたします。とにもかくにも、元気です、ってこと。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の8件 | -