So-net無料ブログ作成

Long way Home… [たびの空]

ボルドー空港のエールフランス・ラウンジ前ゲート横の椅子に座り込んでます。この空港、太っ腹なことに6時間無料のWi-Fi接続が出来、ありがたいこってす。

これからパリに行き、乗り継いで東京に帰るのか、と思うでしょ。あたしだってそうしたいです。でも、これから乗るのは、ドゴール行きじゃなくて、オルリー行きです。何故かといえば、もう単純な話で、安いから。今晩は夜の9時過ぎに到着したオルリーからドゴール空港の空港安宿まで行き、明日、本格的に海を越える移動です。

そー、海を越える、です。シベリアを越える、んじゃありません。ご存じの方はご存じでしょうが、世界一周航空券には一切ディスカウントチケットがありません。で、今回のような北米からヨーロッパに渡るツアーをやっちゃった場合、わしらのような貧乏人はシベリアを越えて帰れないんですわ。一度大西洋を越え、それからまた北米大陸と北太平洋を跨いで、やっと極東の島国に到着するんです。ボルドーから直接北米に入る路線もあるんでしょうけど(これだけワイン買い付けなどにビジネス客が来てるんですからねぇ)、諸々の事情でルフトハンザを使わざるを得ず、明日は一度フランクフルトに向かい、乗り継ぎ1時間であの北米行きの厳重なセキュリティを突破し(口頭試問がある!)、ワシントンDCに至ります。アホじゃ。で、ダレス空港の空港宿で一泊。いやはや。明日はケネディ・センターでボビー・マクファーリンがあって、聴きに行こうかなぁとも思ったのだけど、DCまで行くのが大変だから、たぶん、宿で寝てるでしょ。シカゴに入る手もあったのだが、明日はシカゴはヨーヨーがいて、そんなのやってるのにぼーっと近くの宿で寝てるわけにもいかず、聴きにいっちゃうだろうなぁ、でも疲れるなぁ、と思ってDCにしました。いやはや。

さても、長い長い岐路の朝、もうボルドー厄偏庵と呼ぶに相応しい宿でまずしたことは、余った食料品の処理です。5日の滞在の間、とうとう、一度も外食をしませんでした。食費60ユーロくらい。でも困るのは、この街には調味料とかの小分け売りがないこと。マヨネーズもお醤油もいちばん小さい壜を買い、小生のボルドーの食事は、全部ディジョン・マスタード入マヨネーズか醤油の味でした。それでも半分使うのがやっとで、宿を出る朝に流しに捨てて空き瓶にして洗っておいてくるしかありません。ゴメン、食べ物さんたち。

んで、疲れて弁当系を買ってしまう日もあるので、だいたい、食材が余る。お陰で昨晩のシューマンQ優勝お目出度う記念ボルドー最後の晩餐は、山のようなジャガイモを白アスパラスープで煮たものをタマネギと炒めたもののみ。
025.JPG
だって、ジャガイモ、ゴッソリあるんだもん。完全にドイツ人な気持ちです。いろいろあるように見えるが、みんな同じ味です。うううう…

さらにさらに、とても食い切れず、余ってしまい、最後の手段が、お弁当化計画であります。ジャガイモ煮炒めを潰し、スープと混ぜてグチャグチャにし、フライパンで焼く。卵でもあれば固まるのだがそれもないため、結局、半端なグチャグチャ炒煮焼きが出来る。それをあと2食分くらい残ったパンにスプレッドのように塗りたくり、オーブンでこんがり焼き、サンドイッチにするです。
027.JPG
これが総計2食分出来て、なんとか全ての食材を捨てずにすみました。もうこれ、美味いとはとても思えぬ。入賞者記念演奏会が昼を跨いであったので、空港まで来て、一食分喰らうのでありましたとさ。もう一食分は、ドゴール空港のホテルで深夜に喰らうことになるでしょう。なんか違うものが喰いたいぞ。

あ、ドゴール行きの搭乗が始まった。いいなぁ、あっちに乗りたいなぁ、でも、倍くらい高かったからしょーがない。

長い長い佃厄天庵までの道のり。水曜の午後に到着したら、昨日買ったボルドー土産は6日もちますとのことなので、あと1日しか賞味期限がないじゃないの。嫁ちゃんの会社の皆様、お土産がいくかもよ。これ。
083.JPG
ま、ソレイユ特別賞受賞記念、でもあるしね。それにしてもこのお菓子、街には屋台が出てるし、あらゆる所にお店が出てるし、まるで551豚まんみたいだなぁ。

あああ、豚まん食いたい豚まん喰いたいよおおおお!金曜日にボルドー報告に大阪行くので、絶対、豚まん食うぞ!

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0