So-net無料ブログ作成
検索選択

デンマーク国立室内管解散について [音楽業界]

デンマーク国立室内管弦楽団が解散という決定が下った先月来、いろいろな動きが出ています。
http://www.gramophone.co.uk/classical-music-news/danish-broadcaster-dr-to-disband-chamber-orchestra-in-budget-cuts
http://www.gramophone.co.uk/blog/gramophone-guest-blog/the-break-up-of-the-danish-national-chamber-orchestra-is-telling-of
日本の音楽ファンの皆様とすれば、「またやってるのか」という感じは否めないでしょう。なんせこの数ヶ月でも、コンセルトヘボウ管の危機、アトランタ響の争議、そしてなによりもローマ歌劇場管弦楽団とコーラスの解雇決定など、もう業界ではそんな話が溢れかえってる。

とはいえ、このデンマークの話はいくつか重要な点があるそうな。関係者さんの話に寄りますと、「裕福で税金が高く、福祉や文化に対する予算が多い北欧、それもユーロ圏ではなくユーロ危機の影響も受けていないデンマークが、財政難を理由に3ヶ月の猶予で簡単にオーケストラを潰せるなら、イタリアやスペイン、フランスのオーケストラは皆潰されてしまうだろう」とのこと。要するに、「高負担高福祉」を売り物にしてきた北欧諸国でこういう話が起きたことが重要だ、というわけですな。

ぶっちゃけ、デンマーク放送はフルサイズのオケと室内管の2つを持っていて、これを統合したという意図があるそうな。ま、それはそれで経営的には判らないでもない、という声も挙がるでしょう。なんせ日本には東フィルというマンモスオケがあることを考えれば、オペラオケ、室内オケ、シンフォニーオケをひとつにしちゃってもだからなんじゃ、という意見はあるでしょうねぇ。

なお、このデンマーク室内管、室内楽ファンには無縁ではないんですわ。というのも、数年前にメルボルン国際室内楽コンクールの弦楽四重奏部門で勝ち、東京晴海にも来たパイゾQの第2ヴァイオリンとヴィオラさんが、このオケの団員なんです。残念ながらパイゾQは、国立管のコンマスも務める天才キレキレ男ミッケルが忙しすぎて、数年前に実質上活動を停止してしまいました(ジメナウアーおばちゃんの危惧した通りになったわけで、ちょっと悔しいですけどねぇ)。で、ミッケルのいもーとちゃんたちにすれば、このオケが潰れると職にあぶれるわけですわ。

てなわけで、今回の騒動を受け、ヨーロッパ各地ではデンマーク政府に対する抗議の声が挙がっています。で、ヴィーンフィルも以下のような声明を発表しました。

※※※※※※

Wir, die Wiener Philharmoniker, möchten mit diesem Statement unsere Solidarität mit dem Danish National Chamber Orchestra ausdrücken.
Die Schließung eines Klangkörpers bedeutet immer einen Verlust an gewachsener Kultur, an musikalischer Vielfalt. Der Staat spart hier an der falschen Stelle. Ein Orchester - und ganz besonders das DNCO, das unter der Leitung von Adam Fischer zu einem unverzichtbaren Teil der dänischen Kultur geworden ist, bedeutet Verbreitung von musikalischem Wissen und fördert darüber hinaus die Identifikation mit der eigenen Kultur.
Die Wiener Philharmoniker stehen hinter ihren dänischen Musikerkollegen und hoffen, dass man sich in diesem wunderbaren Land besinnt und alles daran setzt, dieses Orchester am Leben zu erhalten!

--- Japanese Translation begins---

私たちウイーンフィルハーモニー管弦楽団は、この声明をもってデンマーク国立室内管弦楽団との結束を表明します。

音楽団体の解散は、成熟した文化や音楽の多様性の消失を意味します。国の財政削減政策の対象としては適切ではありません。オーケストラ、―とりわけアダム・フィッシャーの元、デンマークの文化の不可欠な一部となっているデンマーク室内国立管弦楽団は、音楽知識の普及や独自文化のアイデンティティへ貢献しています。

ウイーンフィルハーモニー管弦楽団はデンマークの音楽家の同僚の後ろに立ち、この素晴らしい国の人々が熟慮し、このオーケストラの存続を決定することを希望します。

※※※※※※

なお、関係者の方に寄りますと、「デンマーク政府もまさか日本なんかから著名が来るような騒動になってるとは考えてもいないので、インパクトを強くするために少しでも著名などが欲しい」とのことです。

パイゾQにビックリした晴海月島地区の皆様、よろしければ、彼らを思い出し、ご賛同下されば幸いです。
http://www.fim-musicians.org/support-dnco-2014-09

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(1) 

nice! 1

コメント 2

haydnphil

情報掲載ありがとうございます。この情報はデンマークでは金曜日の新聞で発表するそうで、それに合わせてウイーンフィルも公式Facebookを更新するそうです。だから情報は日本が最初ですね。(何で金曜日なのかは不明です。クラシック業界は今の情報のスピードについて行っていないような気はしますが)

反対運動はそれなりに盛り上がっているようで、昨日はデンマーク全土で音楽家たちが道端で演奏して一般市民に訴えたそうです。
by haydnphil (2014-10-07 16:50) 

Yakupen

Haydnphil様

10票くらいは集められたかな、って感じです。スイマセン、微々たるもので。
by Yakupen (2014-10-07 21:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1