So-net無料ブログ作成

大川端早春賦 [新佃嶋界隈]

昨日、10日間の関西山陽ツアーを終えて、慌てて帝都に戻って参りました。

カナダ在住の評論家氏に、「この日に東京にいるなら、今、日本列島在住で最も力が充実した指揮者が昼間っから振るんで絶対に聴かなきゃダメ」と強く推薦してしまった手前、なんとか金曜昼間2時開演という演奏会に間に合うべく遙々奈良は山辺近辺を早朝に出立、幸いにもイースター休暇(じゃなくて、春休み、か)で高校生がいない朝の通勤列車で平安の都へと戻り、3分に1本という畏るべきフリクエンシーの高速鉄道に飛び込み、相模川を越えるやあらまぁ、休みもどこへやら、世界でいちばん騒々しいヤンキー超蜂共が爆音を振りまき頭の上をかすめるのを眺めては「ああ、軍都トウキョウに戻って来たなぁ」と頭を抱えると、程なくミカドのお宮を高い所から見下ろす不敬千万なスリーダイヤモンドビル林立する帝都中央駅に到着。おお、春爛漫…じゃあ全然ない、妙に肌寒い帝都じゃわい。

大川端厄天庵に荷物放り込み、ちゃりんちゃりんと大川遡れども、ああ遡れど、すっかり彼岸桜が散り果てた永代橋近辺にも、妙に緑は濃い清澄庭園にも、突拍子もない建物であることが判明しつつある墨田区の新北斎美術館隣の児童公園にも、桜花あるとはいえまだチョロチョロ。春は名のみの風の寒さっぷりは、前日の天理の山の中と良い勝負でありまする。

音の中では熱い初夏が来てしまったような秀美さん&NJPの若きベートーヴェンのハ長調音階上昇を聴きこっちも気分は早春くらいには暖かくなって、ちゃりんちゃりんと夕方前の大川端を下ってくれば、ブラウン管内(あ、死語だ)では東京で最も危険な街たる大川端近辺、永代橋西詰め下ったとこで、聖金曜日というのに、あんたはユダでもなかろーに、犯人が人として生きることの辛さを顔に浮かべつつ大告白の真っ最中。
01.jpg
ああ、今日は誰がどこで殺し、殺されたのやら。ちなみにこの場所、戦隊の皆さんが怪人と頻繁に戦闘を重ねる場所でもありまする。


かくて一夜明け、またも花曇りの早い春の朝。大川端を今度は河口へと下り、地下鉄駅へと向かいましょ。実は帝都の桜の名所のひとつなんだけど、何故か絶対にテレビやらでは報道されない我が大川端ノマドの本拠地なれど、それでもやっぱり咲いちゃいない桜の木の下にこんなことをしてる輩もおるわいな。
02.jpg
20世紀の終わり頃、根津駅から藝大に向けダラダラと三段坂を登る入りっ端のアパートに住まっていた頃は、この季節になると動物園の向こうの上野の杜からビールの香りが漂ってきたものだったっけ。ここ大川端は、ああいう無礼講OKな場所ではない空気はあったんだけど…昨今はそうでもなくなってきているのかしら。
桜木の下は冬の終わりに公園管理のオジサンたちに藪が刈られてしまい、ウグイスどころか雀さんたちだって隠れる場所がなくなってしまった。我がノマドの小さき友らにしてみれば、しばし人の喧噪から逃れてなきゃならん。いやはや。

桜はまだでも、イエスのいない土曜日の大川端は、すっかりプチ観光地。佃煮の臭いが漂う前では、善男善女が満開の桜の代わりにここでピース、いぇぃ!やくぺん先生は、隣のT屋さんのがお気に入りですけどね。
03.jpg
冬場にはジョウビタキさんもちっち鳴いてる向かいの木立にも、梅や桜は人以上に大好きなめじろんすらおらんですわい。嗚呼人ばかり、ひとばかり。

かくて地下のチューブに揺られ、本日の目的地たる小石川の中央大学別館に辿り着くには些か早過ぎ、ちょっとは漏れてきた日の光の中、これまた人ばかりああひとばかりの群れに流されるように後楽の園へと足踏み込めば、枝垂れ桜にまたまた人が群がり、ちょろりちょろりの桜の蕾の周りでシャッター音響く。その向こうには、あらら、奥様ぁ、まだシベリアにはお帰りにならんですかいね。
04.jpg
これが、この冬の最後のご対面、かな。

しろはらも つぐみんも去り 春なのみ

nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 4

おきんちゃ

はじめまして、でしょうか。
音楽はまったく門外漢でございますが、西走東奔される和様の内田百閒先生を髣髴とさせる筆致、楽しく拝見いたしました。¥失礼ながらもしや「N閑」の和様でしょうか。
by おきんちゃ (2016-03-29 07:12) 

Yakupen

おおおおおお、そーですうう。みのちゃんは今、シンガポールです!明後日戻って来ます。
by Yakupen (2016-03-29 13:05) 

Minochan

え、え、え、ひょっとすると飛騨の本陣のおとなりのかたでしょうか?わあああ、とシンガポールよりご挨拶。

by Minochan (2016-03-29 14:07) 

okincha

お久しぶりでございます。お二人の食いつきっぷりにビックリいたしましたw okinchaは飛騨には居らず、横浜桜木町界隈(なんと!)に生息中。ちょっと寂しくなった野毛と、迷走しつつもどこかに進むMM地域を闊歩して暮らしております。

by okincha (2016-03-29 19:40) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0