So-net無料ブログ作成

魚津市長に村椿パパ! [シモン・ゴールドベルク・メモリアル]

「こしのくに音楽祭」でもOKなんですけど、ひとつ前の「ゆふいん音楽祭」同様に懐かしカテゴリー、ホントに久々の復活であります。

昨日、名物の(?)大風が吹き荒れる中、魚津市の市長選挙が行われました。結果は以下。
http://mainichi.jp/auth/guide.php?url=%2Fsenkyo%2Farticles%2F20160418%2Fddm%2F002%2F010%2F078000c

市議会議員選挙も一緒に行われたためか、投票率は70%を越え、当初は1万票は採らなければならぬので大変だという話を耳にしていたのですけど、いやはやそれどころか、対立候補も1万票以上。それでも3000票差をつけ、初当選に至りました。

で、それがなんだ、と思われるでしょーがぁ…この村椿新市長、こしのくに音楽祭、シモン・ゴールドベルク・メモリアル、そしてそれに続くサントリーホール室内楽アカデミー合宿などで受講者の皆様、はたまた講師やスタッフ関係者がお世話になったであろうスタッフの村椿さんのお父様でありまする。それどころか、ボランティアで運転手をなさって演奏家の皆さんを送り届けたりしてたこともある方。知らず知らずに新市長の御世話になっていたかもしれないのでありますよ、音楽家の皆様っ!

無論、そのことで魚津の文化がどうかなるとか、そんな単純なことじゃあないでしょうけど、でもまぁ、沢山の音楽家を現場で知っている方が市長さんをやってる自治体が富山県に誕生した、というだけでも、なんとなく心強いではありませぬか。魚津には音楽、それも室内楽をやることの面倒さ、大変さが判っている市長がいる、って。

なにはともあれ、ぐぁんばれ、村椿市長!そしてスタッフの皆様、お疲れ様でした。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0