So-net無料ブログ作成
検索選択

ゆふいん音楽祭復活! [ゆふいん音楽祭]

ツアーの期間中、元実行委員長から何度か電話連絡が入っていたのですが、きちんと話をしている暇がなく、帰国後も地獄の作文デーになっていてまだちゃんと話してない。でも、大分合同新聞がきっちり報道したという情報をいただいたので記します。

ゆふいん音楽祭が復活します。

詳細、ってわけじゃないけど、こちらの記事をどうぞ。
https://www.oita-press.co.jp/1010000000/2016/09/12/143153574

復活と言っても、一種のプレ復活みたいなもので、11月26日に河野、小林美恵、津田裕也のピアノトリオが「ゆふいん音楽祭」実行委員会主催で旧湯布院町内で演奏会をする、ということ。会場は、伝統の公民館であります。大分合同新聞のサイトから、勝手に実行委員会開催中の写真を持ってきちゃいます(記者さん、ゴメン、と言いたいが、もう知ってる人じゃあないだろうなぁ)。
201609121306_15_001.jpg
ああああ、顔ぶれ、かわってない…。なにやら、実行委員長はすっかり元気になったことこと屋若社長に代わったみたいだけど。

ご存知のように、この音楽祭は「湯布院盆地地震で壊滅」という、今で言えば「風評被害」からどう恢復するかで始まったのがそもそも。復活も、同じ理由なのは、当然と言えば当然。音楽祭に機能があるとすれば、いまやらずにいつやるんだ、ですからねぇ。

詳細は追ってお伝えします。残念ながら、あたしゃ、ジュネーヴだわ。

とにもかくにも、速報。写真にお馴染みの顔が並んでるのは、良いことなのか、それとも残念というべきなのか…

[追記]

その後の関係者周辺からの情報に拠りますと、実行委員長も実行委員も世代代わりし、現場はかつての音楽祭を知らない若者中心になってるそうです。心強いことでありますっ。これなら、プレ音楽祭後にもなにか展開が期待されますな。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。