So-net無料ブログ作成

審査員がかわります [大阪国際室内楽コンクール]

公式に発表になったので記します。ま、だからなんだ、という情報ですが。

来年5月にいずみホールで開催される大阪国際室内楽コンクール&フェスタ、コンクール第1部門弦楽四重奏の審査員さんがひとり、交代になりました。
http://www.jcmf.or.jp/news/competition-festa.html
10月7日発のニュースとしてさりげなく書いてありますけど、ライナー・シュミット氏からレヴォン・チリンギリアン氏に交代になりましたです。

ええ、ぶっちゃけ、理由は体調による御本人の意向、であります。去る夏にシュミット先生、ちょっと東京で入院なさる騒ぎがあり、その後も心配されたのだけど9月のハーゲンQとしての来日公演は無事にこなせた。とはいえ、もう無理はしてはいけない、とのドクターからの命令で、演奏以外の活動は極力抑えねばならないことになり、5月とはいえもうしっかり暑い大阪の仕事をキャンセルせざるを得なくなった、とのことでありまする。

ま、なんとかヨーロッパ系の弦楽四重奏ヴァイオリン奏者の方が来て下さることになり、やっと発表に至った次第。

受ける方や聴衆にとってはあまり意味がない情報かもしれませんが、非常に残念なのは、当然予定されていたシュミット先生のマスタークラスがなくなっちゃったことですねぇ。チリンギリアン氏がやるか、まだ未定とのことでありまする。コンクール付帯イベントは、今回もいろいろと準備されつつあり、これは東京からいかなきゃ、って思う方も居そうなネタもあります。諸々、情報をお待ちあれ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0