So-net無料ブログ作成
検索選択

ジョン・アダムス弦楽四重奏曲第2番日本初演決定 [現代音楽]

カテゴリー横断ネタですなぁ。

来る4月24日、今や関東地方の「弦楽四重奏のメッカ」としての名声を不動のものにしつつある鶴見サルビアホールで、ジョン・アダムスの弦楽四重奏曲第2番が日本初演されます。先程、主催者の方から確定という情報を得ましたので、記しますです。

演奏するのは、そー、言わずと知れた我らがアタッカQでありまする。っても、この曲もどうやら当面のところ演奏許可を有しているのはセント・ローレンスQとアタッカQだけみたいなんで、セント・ローレンスQがまるっきり来日などありそうもない現状に於いては、今回聴かないと次にいつ聴けるか判らぬ状況でありましょうぞっ。

曲に関しては、いまどきのメイジャー作曲家ですから、ちゃんと自前のwebサイトでガッツリ解説まで用意してありますし、さわりながら音もありますので、こちらからどうぞ。
https://www.earbox.com/second-quartet/
それにしても、この写真、そう言われなかったら絶対にセント・ローレンスQとは思えないわなぁ。ファーストは不良オヤジっぽさがますます増してるけど(昨年の夏にバンフでご一緒してましたけど、ライブの方がもっとうんと不良オヤジっぽいです!)。

なお、アタッカQの4月下旬の公演、メイン、というわけではないけど、数があるのは開催危ぶまれた311の年に彼らが優勝した大阪国際室内楽コンクールの第9回大会を前にした関西地区でのアウトリーチなど地域活動なので、恐らく、ジョン・アダムス作品がきちんと聴けるのは鶴見だけであろうとのこと。もしかしたら関西ではアウトリーチで一部楽章などやるかもしれないけど、ギリギリまで判らないわなぁ。

てなわけで、とにもかくにも、ご関心の向きは鶴見に入って下さい。よろしく。

[追記]

N響の来シーズンのプログラムが発表され、なんと、《Absolute Jest》が日本初演されます。
http://www.nhkso.or.jp/contents/wp-content/uploads/2017/01/2017-18season_program.pdf
2018年1月末、残念ながらNHKホールです。サントリーだったら1回券が買えないから、良かったという考えもあろうが、それにしてもちょっとねぇ。指揮がウンジャンで、セント・ローレンスQを連れてくるわけですな。うううん、アタッカQはいろいろ売り込んでたんだけど、やっぱり指揮者がソリスト連れてきちゃうのが一番強いわなぁ。残念だなぁ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。