So-net無料ブログ作成
検索選択

レッジョの参加団体出ました [弦楽四重奏]

完全に自分の為のメモ。

連休が明けると、「大阪国際室内楽コンクール&フェスタ」でべったり大阪に貼り付き。それが終わって帝都湾岸に戻ってくるや、殆ど物資供給と栄養補給(実体は地獄の作文&校正ウィーク)の1週間ちょいを挟み、6月頭からはレッジョ・エミリアのパオロ・ボルチアーニ国際弦楽四重奏コンクール、ボルドーの弦楽四重奏フェスティバルと弦楽四重奏漬けの日々が続きます。5月11日から6月20日まで東京湾岸&新開地葛飾のホームベースを離れる実質6週間弱のツアーということになる。うん、最近突然日本のマスメディアを賑わすようになった「空母打撃群」の遠洋航海ひとつぶんくらいだわい。

んで、その後半の山場、レッジョ大会はどうにも情報がいーかげんなのだが、やっと参加団体が判りました。こちら。
http://www.iteatri.re.it/Sezione.jsp?idSezione=4748

ベッタリ貼り付けると…

Adorno Quartet, Italy
Altius Quartet, U.S.A.
Berlin-Tokyo Quartet, Japan / Israel / Germany
Cosmos Quartet, Spain
Furiant Quartet, Italy / Romania / Slovenia
Hanson Quartet, Great Britain / France
Indaco Quartet, Italy
Lyskamm Quartet, Italy
Omer Quartet, U.S.A. / South Corea

以上、9団体でありまする。昨今のアンサンブル・コンクールの流れに沿って、参加団体は極力絞って主催側の負担を減少し、そのかわり呼んだ団体にはいっぱい弾いていただこう、ってやり方はここも同じですね。まあ、今回は見事に大阪と被ってないなぁ。このコンクールでこんなに地元団体が参加を認められたって、過去になかったことじゃないかしら。やっぱり大会の空気がちょっと変わってきてることは確かだなぁ。

ベルリン東京がひとつの軸になってまわりそうですから、日本の、ってか、札幌の皆さんにも目は離せないでしょう。6月末のふきのとうホール公演が凱旋公演になるか、請うご期待。多分、ストリーミングもあるでしょうし。相変わらず始まりが遅く、夜が遅いイタリアらしい大会となるだろうから、時差がちょっと厳しいだろうけどさ。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。