So-net無料ブログ作成

上海フィルは上海響ではない~アジアオーケストラウィーク2017 [音楽業界]

「奇跡の復活」を遂げたデトロイト響のCEO やらトロンボーン奏者さんなんぞが喋るレクチャーを取材に行き、イベントを主催するオケ連さんのくばりもので、この秋の文化庁主催「アジア・オーケストラウィーク」の中身を今更ながら知ったです。こちら。
http://www.orchestra.or.jp/information/2017/-1051900-tokyo-operacity-concert-hall-shanghai-philharmonic-orchestra/
もう数週間前にアップされてるものですけど。

10年代に入って「外国2団体+日本の団体&東北での合同演奏会」という形が定着してきている。今回は、指揮者にデュメイが出て来て、関西フィルと合同演奏をするのは天下のマレーシアフィルというわけで、なんだか豪華版だなぁ、という感じがする。なんせ「日本国御上が実質上シーズンで唯一主催するオーケストラのコンサート・シリーズ」なんですから、これくらい豪華じゃないとねぇ。

で、この駄文で言いたいのはそこじゃない。もうひとつのゲストオケについて。

ええ、世界の人口数百万単位の都市の場合、都市名の付いたオーケストラが複数存在することが珍しくありません。王侯貴族がサポートするオーケストラの在り方が、市民社会になった150年くらい前に頭だけ「貴族→市民(を代表する「公共」)」にすげ替えたヨーロッパでは、貴族王侯プライヴェート団体だったオペラ団とその建物が街の中心にあって、そこにオーケストラ団員もちゃんといる。要は、オペラのオケ、でんな。その団員が好き勝手に集まってシンフォニーコンサートを始めたりする。ヴィーンフィルやドレスデン・シュターツカペレなんぞがその例ですね。

んで、オペラのオケがシンフォニーやってると、おおきなオペラとかがあるときにはシンフォニー活動が出来なくなるわけで、それじゃ困るということでシンフォニーに専従するオーケストラが出来ることもある。ヴィーン交響楽団、なんかがその例。そのスポンサーとして、地域によっては放送局がバックに付いたりするのが現実的という考えもあり、バイエルン放送響とか、一昔前ならベルリンRIAS放送響とかが出来ている。かくて、ひとつの街に複数のプロのオーケストラが活動するようになる。

…というのが常識としての一般論。ああ面倒だった。

さても、ここで上海フィルでありまする。

この団体、日本でも、ってか、世界でも有名なもうひとつ上海のオーケストラ、上海交響楽団とは別団体です。朝比奈隆氏が敗戦前から客演していたりする、御本人ら曰く「アジアで一番古いオーケストラ」(←諸説有り)については、日本語でもきっちり著作がありますから、お暇な方は夏のつれづれにどうぞ。まだちゃんと買えるみたいだし。
http://www.shunjusha.co.jp/detail/isbn/978-4-393-93508-8/

もとい。上海フィルについて。この団体、ぶっちゃけ、一言で言えば、「戦後に上海の放送局が作ったもうひとつのオケ」です。長く別の名前で運営されていたのだけど、今世紀に入って「上海フィル」と名称を変更。現在は10年くらい前だっけ、にオープンした浦東側のオリエンタル・アーツセンターを本拠地とし、上海のメディアグループが運営する純粋民間オケ(ホントにそんなものが中国にあるのか、という議論はさておき…)として運営されている。要は、旧フランス租界の音楽院裏に永田音響さんが中をやった立派なホールを建てて本拠地としている伝統の上海響とは別の、上海の新興オーケストラでありまする。

だから、10月のオペラシティに行って、ステージに出て来たオケを眺めて、「あれ、トップに上海Qが居ないじゃないか、日本公演はBオケを連れてきたのかぁ」などと怒り出さないように。あっちは「上海響」でありまするっ!

以上、判ってる方にはなーんの意味もないお話でした。とはいえねぇ、一昨年でしたっけ、エッセンで都響がレーピン独奏で演奏会をやった翌日、ケルンのフィルハーモニーでポッペン御大指揮の室内管を眺めていたら、隣に座ってる老夫妻が昨晩のエッセンの演奏会についていろいろ喋っているのがイヤでも聞こえてきて、思わず耳をダンボにしていたら…おじーちゃん、「トウキョーシンフォニー…」と繰り返しているんですわ。ま、そーゆーもんだろーなー、と突っ込む元気もありませんでした。

そんな間違い、しちゃダメよ、皆々様。

nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 2

コメント 2

rx1206

上海在住者です、仰るように上海響と上海フィルの実力は雲泥の差であります。ご存知のように中国では国の威信をかけて設立した北京の某オケとこの上海響が突出しています。上海響は7月後半からロンユーのタクトで欧州ツアーに出発する予定で、本日15日がその曲目(ツァラ、ショスタコ5番)での出発前コンサートが開催され聴きに行く予定です。これはMISAと称される上海のサマーフェスティバルの一環のコンサートです。蛇足で失礼しました。
by rx1206 (2017-07-15 10:37) 

Yakupen

rx1206様

情報提供ありがとう御座います。上海響は、きっちり欧米でのマネージメント会社も付き(日本のオケでそんな団体はBCJだけでしょう)、なんせ天下のロン・ユー様のパワーもあり、ある意味で日本のどの団体よりも遙かにメイジャー扱いなオケですからねぇ。とはいえ、なんせ物理的には旧フランス租界と浦東とにオケがひとつづつあるのはさほど無理のある話ではないので、上海フィルにも頑張って欲しいものです。

by Yakupen (2017-07-16 07:14) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0