So-net無料ブログ作成

木曽はレア曲ばかり [音楽業界]

ラヴィニアの弦楽四重奏演奏会大虐殺事件の衝撃も覚めぬまま、呆然となって作文仕事も手に付かぬ精神のリハビリを兼ね、この極東の列島に滞在することになった期間中の日程調整を昨日来行っておりまする。まあ、ショックから立ち直るためにちょっと出かけるか、と、お仕事とはまるで関係ない夫婦水入らず、もとい、夫婦鳥いらず(なんせ、佃の縦長屋では夫婦が寄り添おうとすると「俺も混ぜろ」とぶんちょうくんが間に入ってくるのであーる)の1泊近場旅行を入れたぞ。うん。

とはいえ、まさかこんな歴史に残る壮大なキャンセル騒動が起きるとは想像だにしていなかったので、この期間中に御招待いただいていた松本以下、あちこちの皆様へは早々と「スイマセン、この頃、いません」という連絡をしてしまい、いまさら「ゴメン、いるよぉ」とは言えぬし…ふうううう…。ま、ともかくこのままでは頭最低人状態でダラダラ時間ばかりが推移してしまうのであーる。ぐぁんばって日程表を眺めようではないか。

てなわけで調べ始めると、どうせ「楽しい夏のコンサート」みたいな名曲コンサートばかりだろうと思ったらとんでもない、案外といろいろある時期なのですね。なんせ、松本、草津、木曽福島、それに夏の終わりのサントリーホールの財団ゲンダイオンガク系フェスティバル、と、それなりの規模の「音楽祭」をいっぱいやっている季節。そこに、里帰り中でそろそろ秋のシーズン始めを控え仕事先に帰る演奏家さんが小さなリサイタル系のコンサートをするタイミングでもある。これとか。
http://maviolin.exblog.jp/iv/detail/?s=28037989&i=201708%2F11%2F27%2Ff0235427_08481409.jpg

特に困るのは8月26、27日の週末で、草津でエク(このPDFまんま張り付けは、なんとかして欲しいけど)
http://kusa2.jp/wp-content/uploads/2017/05/38leafletpdf.pdf
同じ日に山いくつも越えた彼方の松本では、同じ時間にヴェリタスQ
http://www.ozawa-festival.com/programs/chamber-02.html
いやぁ、これは困る。と思ったら、もうひとつ、更に山を越えた木曽福島では
http://www.town-kiso.com/manabu/event/100210/100676/

なんだこりゃ。どうしてこなことになるんねん!

中でもとんでもないのは、やっぱり木曽でんなぁ。ご覧のように、現時点で発表されているプログラムだけでも、オンスローのチェロが入る弦楽五重奏曲、チェルニーのノネット、ラハナーのオクテット、そして最後はガーデの弦楽八重奏!なんじゃあああああ…ってラインナップでんねん。

音楽監督が管楽器で、そこになんでも行けちゃう弦楽器奏者がこれだけてんこ盛りになってるのだから、これくらいのことは出来るだろーとは思うものの、このプログラムに「はいどうぞ」とOKを出した主催者側の太っ腹さというか、実は何も考えてないだろー感というか…いやはや。

どんな聴衆が座ってるのだろうか、という興味だけでも覗いてみたいなぁ。うううん、どーするかなぁ。

ちなみに、この週末に東京圏を動けないけど、頭がパーになりそうなサウンドに身を晒したい方には、こんなとんでもない音響もあります。
http://angklung3.org/
お安いですし、どうでっか。ゲンダイオンガクと思えばそれまでですよぉ。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。