So-net無料ブログ作成

音楽祭復活への道(1):かつてのボランティアさんへの連絡事項 [ゆふいん音楽祭]

シリーズになるのか、「音楽祭復活への道」を始めましょうぞ。第1回は、2009年まで7月の最後の週末になるとゆふいん盆地にやってきてなんのかんの騒いだりお手伝いをして下さっていた日本全国津々浦々の元ボランティア・スタッフさんたちへの重要な連絡事項でありまする。ですから、ホントは「読者限定」なんだけど、ま、私設電子壁新聞だから勝手にいろんな方々が立ち読みするのはしょーがないわなぁ。そういう方々は、呆れて眺めて通り過ぎるよーに。

ええ、復活音楽祭、主催は「湯布院観光協会」と「音楽祭実行委員会」であります。で、前者の責任者はS.T氏で、後者はこところやのF.K氏であります。前実行委員長の加藤さんではありませんので、「どーなってるんですかぁ」などと加藤さんのところに電話してもダメですっ!ぶっちゃけ、状況を最も簡単に把握する方法は、ことことやに行ってF氏をつかまえることであります。なお、隣の美術館は閉館になり、今はこんなことになってます。おおお…
026.JPG
F氏、普段はジャム作ったり仕込みで出歩いたりでお忙しい方なので、タダでダラダラ長居せず、ちゃんと珈琲飲んで待ってるよーに。←なんだか完全に町会レベルの連絡だなぁ

で、ホントに重要な連絡は以下。今回、庄屋が使えません。というか、昨年の震災で庄屋が倒壊しました。
http://yakupen.blog.so-net.ne.jp/2016-04-16
その後、復旧工事は完了し、住居機能は回復しているそうです。が、その際に、かつての旅籠というか、集会所というか、湯治場長逗留宿としての機能を廃止したそうであります。まあ、考えてみれば天下の高級観光地ゆふいんにあんな場所が残っていたことそのものが不思議だったわけで、それはもう時代の流れとして仕方の無いことでありましょう。

てなわけで、ゆふいんにともかく行ってしまえば寝泊まりするところはある、という状況がなくなってしまったのでありますよ。

今回の復活音楽祭、まずは新体制でやってみるべーか、という実験でもあり、規模も恐らくは「音楽祭」と名打った夏のイベントとしては最も小さい。ですから、宿ひとつ提供して貰ってそこに演奏家がみんないて深夜まで酒席、という状況も難しそうです。「それじゃゆふいんじゃないじゃないかぁあああ」という声が挙がりそうなのは百も承知でありますが、やれることからやってみようということでありますので、お許しあれ。

結論。現時点では、今年は、実質、ボランティアの皆さんに集まっていただいていろいろやる、ということは出来そうもありませんです。無論、ゆふいんですから、直前になって「みんなきてくれぇ」となる可能性はあるとはいえ、今年はそういう感じにはならないとお考え下さいませ。だから、皆様、今年の音楽祭、関わりたい方はもう今から慌てて宿なんぞを適当に自分で押さえて下さい。寝るところはない、と思って下さいです。毎度ながら、動きの判る方が当日の会場に来てしまえば、看板立てだのチラシ撒きだの、やることはあるでしょう。それはそれでよろしくぅ。

今まではボランティア裏方で走りまわっていた皆様とすれば、ゆったりと夏の湯布院を過ごす良いチャンスだと思いましょうぞ。新実行委員長と話して言うわけではないんだけど、個人的に今のゆふいんで最も必要なボランティア人材は、韓国語と中国語の対応が出来る人だと思うんだけどなぁ。

nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽