So-net無料ブログ作成
検索選択
ゆふいん音楽祭 ブログトップ
前の10件 | -

2017ゆふいん音楽祭第2日目 [ゆふいん音楽祭]

2017ゆふいん音楽祭、たった2日間ながら、ともかく、なんとか終わりました。で、もうホントのボロボロで、いつアップ出来るかも判らないが、ともかく、昨日に引き続きヴィジュアルだけで誤魔化します。

まずは、今年も会場となった中央公民館の勇姿から。
01.JPG
ホント、なーんにも変わってません。流石に建て替えの話はあるそうですが、どうも毎度お馴染みいかにもゆふいんらしい、ノンビリってか、おいおいおい、それじゃマズいだろう、って話ばかり…。

中もおんなじで…と言いたいところだが、毎度ながらの音楽祭受付の向こうのポスターは、8年の時が流れたことを感じさせますねぇ。なんせ、大分代表アルゲリッチと、ゆふいん代表小林先生の揃い踏みの間に、ずっと同じロゴの音楽祭ポスター。
02.JPG
公民館ホールもホントに笑っちゃうくらい同じで、冷房は相変わらず効くところと、効かないところと、効きすぎるところがある。んで、開場前に,前日の情報から「この辺りは寒いです」という手書きの告知を貼り付ける。いやぁ、毎度毎度の公民館風景。
03.JPG
で、開演を待つロビーには、こんな懐かしいお顔も。
04.JPG
やっと聴く側にまわれましたね。お元気そうでなによりですぅ。

んで、本日も豪華譜めくり従え、本番は大いに盛り上がり
05.JPG
終演後はこれまたいつものように聴衆、スタッフの拍手の中を2階の控え室までロビーを突っ切る演奏家の皆様なのであった。
06.JPG

さあ、終わった終わった、直ぐに後片付け。音楽祭のプレートが外され、これまたいつからあるか判らぬ壁画に掛け直し
07.JPG
そのあとは、畳の大部屋での無礼講じゃ!
08.JPG
ちなみにここ、田圃の中のTではなく、なんとなんと、天下の名旅館Tの湯さんの大宴会場でありますっ!

いろいろと反省点は多かった復活ゆふいん音楽祭、次回はあるのか?そしてそのとき、「第36回」と名告るのかっ!わいのわいので夜は更ける。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

2017ゆふいん音楽祭第1日 [ゆふいん音楽祭]

てなわけで、2日間しかない復活ゆふいん音楽祭、まあ、実質上の新スタッフによるテストランの第1日目が終わりました。すっかりがっつり飲んでしまっていて、もう前頭葉が働かないどころか、足腰もアヤシイ状況。とにもかくにも、ヴィジュアルで誤魔化しますですぅ。

さても、さあ、お仕事だぁ。一応、プレスなんだもんね。
034.jpg
公民館の正面入口には、懐かしい顔も。判る人限定。
184.jpg
尤も、想像していたような「8年ぶりの懐かしい顔の再結集」ではなく、殆どのスタッフが新世代。かつて、わしら勝手連ボランティアがやっていたような作業も、地元の中学生がしっかり継承してくれております。さあああ、ゆふいんの森号の到着だぁ!はたらけぇええええ!
075.jpg
公民館に戻ってくれば、地元新聞のインタビューを受けているのは、Kさんではなく、新たな実行委員の顔、ことこと屋の社長さんでありまする。
222.jpg
プレスに、名刺どころ事務局もなく、役職もなく…って状況を理解して貰うのはいかに困難か、しっかり実感しておくれなもし。

勿論、音楽祭は昼夜恙なく進行。客席には、明日に某所で本番があるために参加出来なかった湯布院町民のこんな方も。
247.jpg
夜の演奏会の最後、メンデルスゾーンのハ短調ピアノ三重奏は、「クラシック音楽」なんてものは生涯全く縁がないという地元の旅館の親爺さんなんぞまでが「なんだ知らんが凄かった」とひっくり返る圧倒的な演奏。
254.jpg
おっと、超豪華譜めくりすとに関しては、ノーコメントでありまするっ。

かくて、雲の中に頭を隠したままの由布岳ながら、復活音楽祭の最初の晩が更けてゆく…明日は朝の10時過ぎにまた公民館に集合でありまする。ぐぁんばろー…

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

2017ゆふいん音楽祭始まります~「風のコンサート」演目発表 [ゆふいん音楽祭]

2009年に35回で幕を閉じたゆふいん音楽祭、なんのかんの、とにもかくにも、復活です。
053.jpg

明日から2日間、3公演に向け、先程から中央公民館で練習が始まってます。かつてのゆふいん音楽祭を知らない、フレッシュな2人の共演。
057.jpg

さても、明日の土曜日、かつてのように昼と夜の2公演、共に中央公民館、昼間は1時間で1000円也という、なだか今時っぽい「風のコンサート」と題されたマチネがあります。現時点で発表され絵入るチラシなどには、「演目は当日発表」となっておりますが、練習が終わった段階で演目を出しても良いとのお許しがありましたので、以下に列挙します。ほれ。

★ドホナニー:弦楽三重奏のための「セレナード」作品10より第1楽章

★サン=サーンス:白鳥

★ベートーヴェン:ふたつのオブリガート眼鏡付きの二重奏 WoO.32より第1楽章

★メンデルスゾーン:《無言歌》より「甘い想い出」「紡ぎ歌」

★シューマン:3つのロマンス作品94より第2曲

★ラヴェル:ツィガーヌ

★キーセヴェッター:「悲愴」タンゴ

以上です。定番からちょっと珍しい曲まで、いろいろ並んでおりますので、ご関心の向きは由布院駅前の由布市中央公民館へ是非どうぞ。
026.jpg

実質的には「新しいスタッフによるテストラン」のような復活ゆふいん音楽祭、さても、どうなることやら。

★★★★

追記です。先程、かつてのボランティア・スタッフの宿泊所だった「庄屋」に行ってきました。現状は、こうなってます。
078.jpg
2階の大部屋以下、宿泊所に上っていく階段はまだ設置されているのですが、2階は床そのものが撤去されております。これじゃ、泊まれない。

文字通り、強者(?)どもの夢の跡、でございまする。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ゆふいん音楽祭情報 [ゆふいん音楽祭]

一昨日だか、復活ゆふいん音楽祭の事務連絡仕事を実質上ひとりでやってる温泉観光協会のSさんから電話連絡があり、どのようなことになってるのか、少しは判りましたので記します。なお、以下は「ゆふいん音楽祭に行ってみたいなぁ」という皆様向けではなく、過去のゆふいん音楽祭で町内で暴れ回ったボランティアの皆さん向け内容ですので、えらく具体的な話です。普通の意味での「演奏会情報」ではありません。悪しからず。

★復活ゆふいん音楽祭は、「第36回」とはナンバリングしない。理由は、特に、ない。←うううん、いきなりゆふいんっぽいなぁ…

★主催は由布院温泉観光協会と実行委員会で、実行委員長は温泉観光協会会長の桑野和泉氏、要は薫平さんのお嬢さん、現玉の湯社長でんな。つまり、外向きの体制は昔と同じ、ということ。そちらはスポンサー取り纏めなどの表の顔で、現場はSさんを中心に動いてます。ちなみに、SさんはかつてのKさんと同様に、メールもネットもFacebookもツィッターもありません。FAXもないみたい。連絡は彼への電話のみですっ!大丈夫かぁあああ、21世紀に。Facebookのメッセージでのみ連絡してくる演奏家も多い昨今、ちょっと心配だなぁ。

★現時点では来年以降の具体的な話はないが、今年も含め、「音楽監督」を置くつもりなないとのこと。毎年、メインで頼む方を変えるのがいいんじゃないか、という声も挙がっているとか。今年も「河野先生が音楽監督に復帰」というわけではなく、演奏家の取り纏めを御願いした、ということ。んで、実質、うちのお嫁ちゃま含め、藝大上野の2階の階段上がって右に入った辺りの部屋だけでやっちゃえることになったみたい。

★道夫先生の参加がないのは、「日程が決まったときには、もう道夫先生は別のお仕事が入っちゃってたんです」というだけのことだそーでありまする。←うううん、ものすごおおおおくゆふいんっぽいぞ…

★庄屋は、どうやら「庄屋サロン」という施設になったようです。こちら参照。ボランティアの皆さんにはお馴染み、大分の永野さんの報告です。今年はお会い出来るかな。
http://www.coara.or.jp/~mieko/20170205yufuin/0205yufuinj.html
いずれにせよ、かつてのようなボランティアが泊まり込む場所ではなくなったようであります。復活ゆふいん音楽祭にとって決定的な変化ですなぁ。地元スタッフが頑張るしかない、ということ。

てなわけで、とにもかくにも、「隅田川花火の日は東京に居ません」復活の、ゆふいんの夏でありまする。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ゆふいん音楽祭2017詳細 [ゆふいん音楽祭]

藝大のお嫁ちゃんの研究室に入り込んで、学部生の授業に出ているお嫁の電話番の顔をしてこのところ溜まりに溜まった自分の為の秘書仕事をして、お嫁ちゃんが戻って来てさて午後は北千住、旧根津厄偏庵近くで饂飩でも喰らおうか(あたしゃ、当然,名店おとめと主張するのだが、胃のない嫁ちゃんとすれば授業の合間ではヘビー過ぎる…)、出かけましょか、と部屋を出ようとすると、ゆふいんの元音楽祭実行委員長Kさんから電話がかかってきた。おおいたいた、音楽祭のことなんですけどね…

まるで一気に時間も空間もワープしたよう、世紀転換前に三段坂下に庵を結んでいた頃となにもかわらない、昨日とはいわないが、去年と同じように夏が来るみたいな…

てなわけで、数週間前にちゃんと詳細も決まり、やっとこっちまで連絡が来た次第。ほれ、これがチラシ。
7f00cde1e6cf50657eee9ecfaacf2dd1.jpg
わあ、テイストはおんなじだなぁ。なんせ、Kさんの絵だもんね。

詳細はこちらをどうぞ。今回からは温泉観光協会のイベントとなっております。なんだか立派なwebサイトで、チラシも表裏PDFでダウンロード出来ます。「まあ、使わないと思うけど、20枚くらいチラシ、送って下さい」などと頼んじゃったんだけど、その必要もなかったでんな。
http://www.yufuin.gr.jp/6497-2/
http://www.yufuin.gr.jp/yufuin_wp/wp-content/uploads/2017/05/7f00cde1e6cf50657eee9ecfaacf2dd1.jpg

演目その他、上記のサイトで全て判りますので、お節介はいたしませぬ。

とおかく、7月最後の週末、あたくしめとお嫁は、「前の実行委員長が呼んだご隠居達」として盆地の温泉街に向かいます。一切、現場仕事はいたしませんっ!

ですから、「ボランティアはどうなってるの」とか、小生らに訊ねてこないで下さい。「知りません、観光協会のSさんが実質上の現場の中心やってるから,彼に尋ねて」としかいえない。

無責任この上ないけど、悪しからず。

36回目の夏、とは、敢えていわない。盆地に、新しい夏がくる。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

音楽祭復活への道(1):かつてのボランティアさんへの連絡事項 [ゆふいん音楽祭]

シリーズになるのか、「音楽祭復活への道」を始めましょうぞ。第1回は、2009年まで7月の最後の週末になるとゆふいん盆地にやってきてなんのかんの騒いだりお手伝いをして下さっていた日本全国津々浦々の元ボランティア・スタッフさんたちへの重要な連絡事項でありまする。ですから、ホントは「読者限定」なんだけど、ま、私設電子壁新聞だから勝手にいろんな方々が立ち読みするのはしょーがないわなぁ。そういう方々は、呆れて眺めて通り過ぎるよーに。

ええ、復活音楽祭、主催は「湯布院観光協会」と「音楽祭実行委員会」であります。で、前者の責任者はS.T氏で、後者はこところやのF.K氏であります。前実行委員長の加藤さんではありませんので、「どーなってるんですかぁ」などと加藤さんのところに電話してもダメですっ!ぶっちゃけ、状況を最も簡単に把握する方法は、ことことやに行ってF氏をつかまえることであります。なお、隣の美術館は閉館になり、今はこんなことになってます。おおお…
026.JPG
F氏、普段はジャム作ったり仕込みで出歩いたりでお忙しい方なので、タダでダラダラ長居せず、ちゃんと珈琲飲んで待ってるよーに。←なんだか完全に町会レベルの連絡だなぁ

で、ホントに重要な連絡は以下。今回、庄屋が使えません。というか、昨年の震災で庄屋が倒壊しました。
http://yakupen.blog.so-net.ne.jp/2016-04-16
その後、復旧工事は完了し、住居機能は回復しているそうです。が、その際に、かつての旅籠というか、集会所というか、湯治場長逗留宿としての機能を廃止したそうであります。まあ、考えてみれば天下の高級観光地ゆふいんにあんな場所が残っていたことそのものが不思議だったわけで、それはもう時代の流れとして仕方の無いことでありましょう。

てなわけで、ゆふいんにともかく行ってしまえば寝泊まりするところはある、という状況がなくなってしまったのでありますよ。

今回の復活音楽祭、まずは新体制でやってみるべーか、という実験でもあり、規模も恐らくは「音楽祭」と名打った夏のイベントとしては最も小さい。ですから、宿ひとつ提供して貰ってそこに演奏家がみんないて深夜まで酒席、という状況も難しそうです。「それじゃゆふいんじゃないじゃないかぁあああ」という声が挙がりそうなのは百も承知でありますが、やれることからやってみようということでありますので、お許しあれ。

結論。現時点では、今年は、実質、ボランティアの皆さんに集まっていただいていろいろやる、ということは出来そうもありませんです。無論、ゆふいんですから、直前になって「みんなきてくれぇ」となる可能性はあるとはいえ、今年はそういう感じにはならないとお考え下さいませ。だから、皆様、今年の音楽祭、関わりたい方はもう今から慌てて宿なんぞを適当に自分で押さえて下さい。寝るところはない、と思って下さいです。毎度ながら、動きの判る方が当日の会場に来てしまえば、看板立てだのチラシ撒きだの、やることはあるでしょう。それはそれでよろしくぅ。

今まではボランティア裏方で走りまわっていた皆様とすれば、ゆったりと夏の湯布院を過ごす良いチャンスだと思いましょうぞ。新実行委員長と話して言うわけではないんだけど、個人的に今のゆふいんで最も必要なボランティア人材は、韓国語と中国語の対応が出来る人だと思うんだけどなぁ。

nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

[速報]ゆふいん音楽祭2017夏開催決定! [ゆふいん音楽祭]

速報です。「ゆふいん音楽祭2017夏」の開催が決定しました。以下、現時点で発表出来る事実関係のみを記します。

会場:大分県由布市内
参加者:玉井菜採(ヴァイオリン)、佐々木亮(ヴィオラ)、河野文昭(チェロ)、津田裕也(ピアノ)
主催:湯布院観光協会、ゆふいん音楽祭実行委員会

日程
7月29日(土):昼のコンサート
7月29日(土):夜のコンサート(ピアノ四重奏メインを予定)
7月30日(日):ガラコンサート風な長めの午後のコンサート

以上です。会場、チケット発売予定などの詳細は、決定次第随時当電子壁新聞、Facebookなどでアップします。公式情報は、湯布院観光協会のホームページにアップされていく予定ですので、ご覧あれ。現時点ではまだ情報はありません。
http://www.yufuin.gr.jp/

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

36回目の夏…? [ゆふいん音楽祭]

ゆふいんに来てます、ってか、正確には、来てました。今、大分行きのJR普通列車が由布院駅を発車したところ。
022.JPG
LCCで昼過ぎに大分空港に到着。湯布院行きの亀の井バスは何故かLCCには連絡しておらず、空港で1時間半も待たされ、国東半島の先っぽから由布岳麓まで延々と高速走ること1時間、懐かしの中央公民館隣のバス停に到着したらもう3時前。っても、この場所に来ると慌てる気にもならず、観光客がひとりもいない河原をノンビリと現音楽祭実行委員長の超有名宿向かいの音楽祭実質上の本拠地の某喫茶店まで歩き、今の若頭氏の店長のいる店の奥に「おっす」と顔を突っ込む。んで、もういきなり、なんの前提もなく、5分間の立ち話で11月以上の状況の説明を受け…

11月の復活ゆふいん音楽祭、取り仕切った実行委員は殆どがかつての35回の夏を知らない若い連中ばかりで、彼らとしてみれば「自分らが知らないこういうゆふいんがあったのか」と驚いたとのこと。今の、アジア圏数カ国語乱れ飛ぶ「国際観光地」ではない、何だか知らないけどなーんにもないけど妙な、面白い人達がワラワラいる場所だったゆふいんの空気。それがどんなものだのか、初めて知ったという。

じゃあ、それをまた…と簡単にいかないのは当然だし、やっぱりこれまでの実行委員会みたいな「良いよ、別に来年やらないなら」という調子でやるのもちょっと困るという。で、どーするどーする、あーするこーする…

とにもかくにも、ことによると、2017年のいつものあの頃に、もう一度「ゆふいんの夏」が巡ってこないとも限らない…のかな。

ま、ゆふいんの話です。話が1月から動いているなんて、驚異的なこと。とにもかくにも、この街はこの街なりに今を生きている、ってことを眺めて、大分へと下りましょ。ほれ、いつもの公民館にも、ちゃんと告知のチラシがあるしさ。
056.jpg
ベートーヴェンの弦楽四重奏曲が大分県できちんと鳴るのは、ゆふいん音楽祭が終わってから初めてじゃないかしら。

世代が代わり、人が変わり、音楽も変わる。それをイヤという理由は、なにもなし。そして、わしがやる理由も、もう、なにもなし。やりたくても、やっちゃ、ダメ。

只今、湯平駅、通過。

[追記]
大分のいいちこ文化ホールで、音楽祭の若き実行委員、市役所のS氏に遭遇。ま、当然といえば当然でありまする。で、休憩時間には直方の室内楽協会のW氏を交えて、いろいろ情勢を話すことになってしまいました。つまり、大分でベートーヴェンの作品18から2曲と作品127をやれば、これくらいの人はワラワラと集まってくる、ということでんな。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

チラシできてます [ゆふいん音楽祭]

来る11月26日、由布市由布院駅前の中央公民館で、2009年8月に35回で幕を閉じた「ゆふいん音楽祭」の特別復活演奏会が開催されるのは、当電子壁新聞でもお伝えした通りでありまする。
http://yakupen.blog.so-net.ne.jp/2016-09-19
その後、現地ゆふいんではさぞかしいろんなことが起きているのであろー…と思ったら、なんか日々の忙しさに話が埋没しているわけでもないのでしょうが、まあ、毎度ながらのゆふいんというべき状況のようです。

現地からの連絡によりますと、半年前の熊本大分大震災直後、ホントに観光は大変だったそうですが、1週間もすればゆふいんはいつも通りに動き出し、直後に政府から注意が出て減っていた中国・韓国のお客さんも盛り返し、今は宿を取るのが大変な程の盛況ぶりだそうで、「復興イベントとしてのコンサート」という感じではないみたい。無論、街中の人に聞いて歩いたわけじゃないから、そう感じていない人もいっぱいいるんでしょうけど、前の震災を知ってる長老さんの口ぶりはそんな感じでありまする。

ま、とにもかくにも、こんなチラシも出来ましたので、ご紹介しましょうぞ。ほれ。
010.jpg
わ、懐かしい、ってか、最近流行の言葉を使えば、正に「ゆふいん音楽祭のレガシー」まんまでんなぁ。

チケットはまだまだあるそうです。皆々様、秋深いゆふいんに是非どうぞ。お宿があるかは…知りません。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ゆふいん音楽祭復活! [ゆふいん音楽祭]

ツアーの期間中、元実行委員長から何度か電話連絡が入っていたのですが、きちんと話をしている暇がなく、帰国後も地獄の作文デーになっていてまだちゃんと話してない。でも、大分合同新聞がきっちり報道したという情報をいただいたので記します。

ゆふいん音楽祭が復活します。

詳細、ってわけじゃないけど、こちらの記事をどうぞ。
https://www.oita-press.co.jp/1010000000/2016/09/12/143153574

復活と言っても、一種のプレ復活みたいなもので、11月26日に河野、小林美恵、津田裕也のピアノトリオが「ゆふいん音楽祭」実行委員会主催で旧湯布院町内で演奏会をする、ということ。会場は、伝統の公民館であります。大分合同新聞のサイトから、勝手に実行委員会開催中の写真を持ってきちゃいます(記者さん、ゴメン、と言いたいが、もう知ってる人じゃあないだろうなぁ)。
201609121306_15_001.jpg
ああああ、顔ぶれ、かわってない…。なにやら、実行委員長はすっかり元気になったことこと屋若社長に代わったみたいだけど。

ご存知のように、この音楽祭は「湯布院盆地地震で壊滅」という、今で言えば「風評被害」からどう恢復するかで始まったのがそもそも。復活も、同じ理由なのは、当然と言えば当然。音楽祭に機能があるとすれば、いまやらずにいつやるんだ、ですからねぇ。

詳細は追ってお伝えします。残念ながら、あたしゃ、ジュネーヴだわ。

とにもかくにも、速報。写真にお馴染みの顔が並んでるのは、良いことなのか、それとも残念というべきなのか…

[追記]

その後の関係者周辺からの情報に拠りますと、実行委員長も実行委員も世代代わりし、現場はかつての音楽祭を知らない若者中心になってるそうです。心強いことでありますっ。これなら、プレ音楽祭後にもなにか展開が期待されますな。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | - ゆふいん音楽祭 ブログトップ