So-net無料ブログ作成
ゆふいん音楽祭 ブログトップ
前の10件 | 次の10件

ゆふいん情勢 [ゆふいん音楽祭]

一昨日来の熊本・大分直下型群発地震、関係者の皆様にはなんと言って良いものやら、ともかく、無茶しないで大事なのは命だけと思って下さい。知り合い関係者の皆様で東京に逃げてくるつもりの方がいらっしゃれば、連絡下さい。ひと家族くらいなら、なんとでもなります。それ以上はちょっと厳しいですが。これ、真面目。

九州は大きな地震がない、などといわれてもぽかんとしてしまうのは、なにしろ「ゆふいん音楽祭」のそもそもの発端が「地震で湯布院崩壊」という報道がなされ、今で言えば「風評被害」と言われるだろうことが起き、それをなんとかするための「湯布院は頑張ってますよイベント」だったからであります。あの辺りは活断層があって、地震はある。正に今、壮大に揺れてるやつ。以下、拙著からの引用。

 (1975年)4月21日午前2時35分、マグニチュード6.4の直下型地震が由布盆地を襲った。震源地は当時の大分県大分郡湯布院町扇山・庄内町内山附近、地下20キロ。九州内陸を震源とする直下型地震としては、戦後最大規模のものとして記録されている。湯布院町は震度6程度で、震源地近くの民家はほぼ全壊している。  幸い死者は出なかったものの、被害総額50億円とされるこの自然災害で興味深いのは、少なくとも湯布院町の温泉宿にとって、建築物、農地への被害よりも、今で言う風評被害が大きかったことである。翌日、九州各地に「由布盆地壊滅」という情報が流れ、被害軽微だった湯布院町の宿にも連休を前に次々とキャンセルが入る。何とも皮肉なことに、何よりも影響があったのは、博物館時代からのカメラの腕を見込まれ大分地方紙の湯布院特派員のような仕事もしていた溝口薫平が撮影した、無残に倒壊した九重レークサイドホテルの写真だった。盆地から自動車道を東に延々と上った池の畔に佇むこの瀟洒な西洋風リゾートホテルは、後述するように九州交響楽団のサマーキャンプが予定されていた場所である。

今朝の地震がどのくらいのものだったか、直ぐにいろんなことが判ってくるでしょうけど、これに匹敵するものだったのかもしれません。なんであれ、ゆふいんは、地震があるところ。

現地がどうなってるか、現状では未確認な情報しかありません。直接連絡を取れてないので。ただ、未確認情報ながら、「庄屋半壊」という話が流れてきているようです。ううううん…

以下、情報が入り次第、ここにアップしていきます。

[追記:16日午前11時現在]

ご家族から連絡が入り、加藤元実行委員長宅及び向かいの小林先生宅は人的な被害は出ていないそうです。とりあえず、ご安心を、とのこと。

なお、庄屋に関しましては、現在、状況確認中です。

[追記:16日午後10時現在]

庄屋の現状写真が送られてきました。まあ、現地に行けば誰にでも見えちゃうものですから、貼り付けます。禁転載で御願いします。
13023160_1043994935668142_1418897051_n.jpg
「入口がもげちゃった」という状況で、どうやら倒壊ということではないようです。一安心。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

はじめてのゆふいん [ゆふいん音楽祭]

なにやら猛烈に緊張したソウルのバタバタ取材を終え、朝っぱらの仁川を発って海峡を越え
012.jpg
わずか実質45分の飛行で福岡空港に到着。諸般の事情ででっかいテレビモニターが付いた席になり、立派な朝定食が振る舞われたのはもう降下を始めた釜山上空。なんとか対馬を超える辺りで喰らい終えるという慌ただしさ。すちゅわーですさんも大変そうです。福岡空港の国際線ターミナルは、どうしても「板付基地」と言いたくなる場所で、日本国民用入国審査所はガラガラ。タッチダウンからお迎えのご家族に会うまで15分という夢のような空港でありました。

んで、そのままやくぺん先生とお嫁さんにとっての初めての体験、ゆふいん温泉に参ります。

初めて、って、そーなんです、何を隠そう、ゆふいんに通うようになって指折り数えれば20と数年、あれやこれやと音楽祭や街の人々、そこに集う人々を眺めてきたものの、「温泉客」としてゆふいんを訪問したことは、恥ずかしながら只の一度もありませんでした。今回は、「ゆふいんのものはゆふいんに返す」大作戦、ゆふいん本のギャラを全部使っていろいろご迷惑をかけてきたご家族をこの温泉地の今を作った日本一の温泉旅館にご招待しちゃおうという企画を、とうとう実行したわけでありまする。

かくて、夕方前には、こんな方たちが羽を休める雑木林を眺めながら、想像以上に疲れた仕事だったなぁ、とボーッとしている。
043.jpg
今の日本の高級温泉旅館のひとつのトレンドを作ったT旅館のお風呂、お部屋
054.jpg
そして名高い料理を堪能させていただく。こっそり行くつもりだったけど、流石にそれは無理で、元ゆふいん音楽祭代表のK.M.さんともしっかりご挨拶(お元気で安心しました)、そればかりか久しぶりに音楽祭経理の神様Sさんと「お客さん」という顔でご対面。なんか、こそばゆいなぁ。お互いどっかで笑いをかみしめてる感じ。

なんであれ、こうして初めて客として「由布院温泉」というところを経験し、今まで敢えて知らないでいた方向からこの場所の見え方を体験し、いやぁ、なーるほどねぇ、とあらためて思った次第。正直、全てが終わった、というところで「天下のゆふいん温泉」を知り、これでホントに「おわったおわった」という気持ち。

こんな、クレーメル先生なんぞの御直筆の先に
077.jpg
酷い文字で酷い即興作文をするなどという恥までかき、おわったおわった感も頂点でありまする。

これから、どうやってこの場所と付き合うのか。どういう夏、いや、夏じゃないかもしれないけど、どんな空気を感じることになるのか。

恐らくは、「お客さん」としてこの地を訪れるのは、今日が最初で最後でしょう。また裏方に戻って、この街を見ることになる。

四十と 一度の夏に 立ち尽くし

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

夏のじぶんち [ゆふいん音楽祭]

050.jpg
湯布院町公民館、いや、今は正式名称なんというか知らないけど、ともかく由布院駅前の白い公民館の1階正面奥、畳の間の横の机のところにいます。

夏のじぶんんちに、また戻って来たみたい。

梅雨に入ったとはいうものの、盆地の天気はぴーかんで、空気も澄み、公民館の軒下にはいつものように燕が家を作っている。大分空港の湯布院行きバスの運転手さんは、「梅雨だっていうのにねぇ」と眩しそうに空を見上げてた。1時間に1本もないバスは、7人の乗客を乗せて国東半島先の空港から由布岳の麓に至る。とはいえ、3人は地元客でうちひとりのおばーちゃんは障害者パス。それと、友人宅に茶をのみにいくやくぺん先生一名。純粋な観光客さんはOLさん2人と、山歩き姿のオジサンのみ。うううん、相変わらずとはいえ、ちょっと心配。

で、バス停から公民館に直行すると、おや、こんなことになってる。
054.JPG
潰すんですか、と事務所のおにーちゃんに訪ねたら(知らない若い人だぁ)、勝手に子供が入ったりしないようにしてあるだけで、解体とかじゃありません、とのことです。ちょっと安心するのだ。

んで、上の図書館に行きます。そー、ちゃんと拙著があるかのチェックであります。ともかく在庫検索をすると、おおお
058.jpg
ちゃんと市内に2冊献呈されているではないか。んで、あるべき郷土史のコーナーに向かえば…おやあああ
060.JPG
由布院関連名著の中に旧著もあるが、新著はないぞ。

カウンターのおねーさん(このお嬢さんも、やっぱり、知らない人)、こういう本はどこですか、と質問。ええと、それはまだ新刊コーナーだと思います。そこですよ…
061.JPG
おおお、あったあった。ちゃんとあった。貸し出しもされてます。ええ、CDが付いてるんですよね、それはこっちにべつにしてあって、お貸しするときに付けます。え、著者さんなんですかぁ、ビックリいいい!

自分ちに、自分が関わったものがちゃんとあって、音楽祭のチラシはないけれど、県内演奏会案内には今晩のクスQのチラシもちゃんとあって…

あ、K元実行委員長から電話だ。どこで油売ってるの、金鱗湖裏の蕎麦屋にいるから、来なさいよ。

6年の時間が、一瞬にして時空のタイムトンネルで繋がってしまう瞬間。

夏が来る。盆地院また、夏が来る。…でもそこに、ぼくはいない。


元音楽祭実行委員長と韓国語飛び交う金鱗湖裏の蕎麦屋で軽く喰らい、あそこで演奏会をやれないかな、なんて話があるんだ、と由布岳麓の修道院の十字架が新緑の中に見え隠れするのを眺めながら、田植えが終わった棚田の中を元実行委員長宅まで歩く。お宅は表も裏も空けっぱなし。もう上がり込むわんころもいないしさ。

梅雨の晴れ間のゆふいんは、雨で空気の埃もみんな落とされて、こんなに爽やかなんですよ、と珈琲をいただく。お洒落で可愛らしい帽子を被った小林夫人が、洗濯物を取り込んでる。K氏宅と小林宅の間の水路にセキレイがピチピチ騒ぎながらやってきて、尻尾を振ってら。

ホントにお茶をいただきに来ただけでスイマセン、とK氏に手を振り、山麓の道を由布院駅へと向かう。途中で、いや、これじゃああんまりだろうと心を入れ替えて、観光地の側に下りていき、音楽祭期間中は実行委員の溜まり場となっていたジャム工房兼喫茶店「ことこと屋」に足を向けましょか。おお、やくぺんさん、お久しぶり、なにしにきたの、え、大分で演奏会なの、それだけ…すっかり元気になった店主のK君に挨拶し、奥さんに「ここのジャムのことを知り切った連中にお土産、見繕って」と頼みながらジャム売り場を眺めれば、おお、ここにもありました。
113.jpg
んでもて、4時過ぎの久大線に乗らねばと慌てて駅に至り、あそこにもあるよとの情報を確認すべく駅前の本屋さんに入ると、わおおお…
101.jpg
こんなに並んでるの、みたことないぞおおおお!確かに「ゆふいん土産」として、ある種の人達にこれほど相応しいもののなかろうからなぁ。

「ゆふいん本」、流石に現地ではいくらでも売っております。ご訪問の際には、宜しくおねがいしますです。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

早速の間違い指摘(3) [ゆふいん音楽祭]

すっかりシリーズ化されてしまった「ゆふいん本」の間違い指摘、訂正であります。いやはや。

去る土曜日、エルデーディQの演奏会が終わり、ロビーでご挨拶をしようと待っていたら、蒲生さんが小生を見るなり「間違いがありました」と仰います。おおおおおお…

以下、修正箇所です。

データ192ページ、久合田緑弦楽四重奏団演奏会の出演者が、第2ヴァイオリン小濱直、チェロ菊地知也となっておりますが、本編105ページの記述にありますように、第2ヴァイオリン蒲生、チェロ田中雅弘が正しい情報であります。

関係者の皆様、大変なご無礼をお許しくださいませ。また、直ぐにご指摘頂いた蒲生様に感謝いたします。

現時点で間違いは3箇所、客観的に見れば、そう酷いペースではないかな、などと安心してはいけないですな。いやはや。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

緊急告知:「ゆふいん本」日本音楽芸術マネジメント学会で即売決定! [ゆふいん音楽祭]

朝っぱらの英都から緊急のご報告。

『ゆふいん音楽祭 35年の夏』(木星舎2014)、当電子壁新聞では散々ネタにしている所謂「ゆふいん本」ですが来る12月7日日曜日に江古田の武蔵野音大キャンパスで開催される日本音楽芸術マネジメント学会冬の研修会の会場で、即売することが決定しました!12時半から13時半の昼休みに出店します。http://www.jasmam.org/news/20141111

当日は、音楽祭による地域活性化をテーマにした発表も複数あり、関心のある関係者の皆様も数多くいらっしゃるのではないかと思います(事務局さんには「売れないと思いますよ」と言われちゃったらしいけど)。

ちょっと真面目なことを言うと、小生は著者として、所謂アートマネージメントを学問として勉強したり研究したりしている若い人に、「ゆふいん音楽祭」といういともケッタイな音楽祭の在り方を、学問としてちゃんとやって欲しいんですよ。本書のあとがきにも記しましたが、そういう部分はこの書籍では意図的に取り上げてません。アートマネージメント的な思考にタップリ染まった方、音楽祭を地域活性化として本気で考えてる方から、自分らとは全く違う在り方があったことの研究対象として取り組んでくださる方が出て来れば、こんなに有り難いことはない。小生がやらなかったことですから。

アートマの研究者でネタが無くて困っている方、今ならまだ、本書では一切触れなかった財政面やらで誰に話を聞けば良いか、小生は研究対象になる方をご紹介出来ます。本書をきっかけに、そんな関心をもたれる酔狂な方がひとりでもいらっしゃれば。

なんにせよ、ぶっちゃけ、殆ど買えないこの本、江古田土産に是非とも一冊!なお、当日は「ゆふいん楽友協会東京支部」関係者に拠る手売りですので、消費税はいただきませんっ!池袋のジュンク堂に行ってもないこの本、西武線沿線の方は、会場まで足を伸ばす価値ありですっつ。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

早速の間違い指摘(2) [ゆふいん音楽祭]

あああ、世の中に少しづつでも「ゆふいん本」が出回るようになれば、次から次へと間違いの指摘があるであろーなー、そうなったらこの電子壁新聞、当面は「誤植ありました」のオンパレードになりかねないなぁ…と思ってたら、やっぱりそうなりつつあります。

スイマセン、もうこれはどうしようもないです。御本人様からのご指摘がありました。

なお、間違いがある程度の数出そろったところで(ううううう…)、正誤表を作成いたします。当電子壁新聞にも貼り付けますが、お買い上げの皆様でメールアドレスが判る方は、こちらに連絡頂ければ、正誤表が出来た時点で配布させていただきます。宜しくお願いします。データ部分にはまだいっぱいありそうな気がするんですけど。なにせ「判りません」という部分すらありますので。そこが埋まると良いなぁ、とは思ってるんですが。

《訂正》
本文137ページ 誤:木暮宣雄→正:小暮宣雄

nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

早速の間違い指摘 [ゆふいん音楽祭]

資本主義流通経済以前の手売りでばっかり動かしている「ゆふいん本」でありまするが、日本全国に手売りに行き、関係者の皆様の手に届くや、早速、間違いの指摘が上がってきております。有り難いことであります。紙媒体なんで既に存在している在庫に関しては直しようがないのですけど、なんとかしていきたいと思っております。

とにもかくにも、「書いてあることはみんな嘘、信じるなぁ」とモットーとする当電子壁新聞などというこれ以上えーかげんなところはないアヤシい場所ながら、とにもかくにも記しておきます。後にまとめるためのメモ、みたいなものだと思って下さい。だから敢えて「お詫びと訂正」カテゴリーにはしてません。

《訂正》
本文209ページ:第25回音楽祭7月31日演奏曲目 ドビュッシーの奏者が大森潤子&河野美砂子、ラヴェルの奏者が小林美恵&河野文昭

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

あの夏たち再び [ゆふいん音楽祭]

そもそも売文業者の仕事など、原稿を編集者さんに出したところでオシマイで、校正だって信頼出来る方に任せればいいわけだし、ましてや販売なんて関係ない…というのが本来なのでありましょうが、そこはもう天下の三文へっぽこ文士のやくぺん先生、ほっといてもパルプ材が紙となり印刷されて束ねられた大量の物体が積み上がっているだけでありまする。

さても、これを「お金」というオソロシーものに変換することによって、やっと税務署さんもあたくしめの存在をみとめて下さるわけですね。さあ、頑張ろー…

ってなわけで、「ゆふいん本」の手売りを始めたわけでありまする。場所としては1956年に銀座通りの南の方にドカンと聳えた山葉ホール、いやさ、今はヤマハホール(でいいんですよね)のロビーでありまする。
007.JPG
うん、伝統と格式、という意味ではオックスフォードストリート裏のウィグモアホールの狭いロビーとか、敢えて57丁目のスタインウェイホールとか、凱旋門裏のサルプレイエルとか、そんなんに匹敵する場所でありまする。

まだガッツリ時差のある頭で日曜の朝っぱらに起き、「ゆふいん楽友協会」東京支部関係者さんから命じられていた販売用ポップを作っていたら、なんだかチラシになってしまった。ほれ。
ゆふいん本小林会場用仮チラシ1.pdfあ、関係者の皆様、これ、必要ならプリントアウトして使ってちょ。河野ヴァージョンも作ります。

じゃ、これを300枚刷って、挟み込むなり配るなりしましょか、ということになって、やくぺん先生が海胆頭で書いた初稿を編集者氏やら嫁ちゃんやらが朝っぱらからメールで飛ばし合って修正を入れ、んで、急遽、チャリンチャリンと大川渡って昭和通りのキンコーズまで行き、ガッチャンガッチャンとコピーを作る。で、在庫をトランクに詰め込み、佃オフィスに連れて行って…って、これって、なんか昔やってたことと同じじゃあないの。

そー、なんのことはない、場所こそ東京都中央区に移っているものの、ゆふいん音楽祭当日に、前日の宿の飲み会の喧噪の中で明日の券売の話をし、厳しいということなので慌ててその場でパソコン開いて借りチラシをでっち上げ、連れてきたプリンターで印刷しその場で酔っ払い共の間に回覧してチェックし、翌日に中央公民館の上の輪転機で刷りまくり、さああああ、もうすぐ博多からのゆふいんの森号が到着するから音楽隊と一緒に行って、撒きまくって下さい、ええと暇な人は金鱗湖の方まで撒きに歩いて下さいいいい!

「あの夏」が、また戻って来たみたいじゃん。

みんな、5年分以上歳を取った。経験を重ねたとも、衰えたとも言える。道夫先生だって、なんだかもの凄いハ長調のシューベルトのピアノ連弾大ソナタなんかを猛烈な勢いで聴かせてくれて(「とてつもないものをお聴かせしてしまいまして…」などと照れた振りをしながら、満足そう)、あああ、この曲を知らないで大ハ長調交響曲やら大五重奏、はたまた大ト長調弦楽四重奏について論じるなんて出来んなぁ、いやぁ、人間、生きてるとまだまだ勉強することがある、と痛感させてくれる。

みんな、元気。これが再結集なのか、それとも単なる懐かしいリユニオンなのか…

てなわけで、何部売れたかは言わんけど(道夫先生、「それっきゃ売れませんでしたか」って、素直に残念そうで可愛かった)、明日からの大阪・広島手売りツアー、頑張りましょ。なお、手に取った方はお判りのようにやたらと紙が良くて重い本なので、在庫3冊しか持ってきませんでしたが、現時点で全て販売先は決まってしまいました。もっと持ってくれば良かった、なんてとても言えない重さなんですわ。お許しを。

師走路に 筆者走らす 夏の風

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「ゆふいん本」手売りします [ゆふいん音楽祭]

おはようございます。太平洋を寝ずに越えて、日本時間深夜過ぎにバッタリ倒れ込んで寝たのは良いが、歳を取ってくると6時過ぎくらいに起きてしまい、寝られない。眠いのに寝られない。困った。

さても、皆々様のご協力のお陰でどうにか形になりました『ゆふいん音楽祭 35年の夏』(木星舎2014)ですが、そんなもんどこに売ってるんじゃ、という声ばかりを聞くです。スイマセン。なんせ、部数は当初予定より減らしたし、地方出版なもので、普通の意味での書店には並びそうもないみたい。Amazonなどへの動きもなんか鈍い。出版社さんのページはこちら。ここに問い合わせて下さい。書籍注文、というところから注文フォームに行け、注文が出来る筈です。郵便局やら銀行での振り込みになります。スイマセン、前世紀のやり方で。
http://www.mokuseisya.com/pg421.html

それどころか、人類が商業を始めて以来の伝統の取引方法、「手売り」もやりますです。明日11月16日日曜日午後5時から、銀座ヤマハホールでの小林道夫&赤塚太郎演奏会では、「ゆふいん楽友協会」東京支部が直接販売をいたします。非営利団体の扱いなので、ここでは消費税はいただきません。よろしくです。

なお、本日15日午後2時からのサントリーホール、明日16日午後2時からの日生劇場、明後日17日午後7時からの大阪いずみホール、明明後日18日午後7時広島アステールプラザオーケストラ練習場、21日金曜日午後7時讀賣ホール、24日午後2時浜離宮朝日ホール、26日昼札幌北星学園チャペル、30日昼第一生命ホール、12月1日午後7時大阪フェニックスホール、12月4日及び6日午後7時半ロンドン・ウィグモアホール、12月8日午後8時ミュンヘン・ヘラクレスザール、以上の会場では、事前にリクエストをいただければやくぺん先生が直接手売りいたします。非課税の2700円で販売いたします。€や£でも、まあ、良いでしょう。その辺りは必要な方は連絡の際にまた。

12月6日の河野先生の演奏会でも販売を予定しておりますが、そちらは小生が行けないことは確かなので、また確定したら記します。

ご希望の方は、その旨、コメント欄もしくは小生のメールアドレス、Facebook(Yawara Watanabe)の連絡欄までご連絡下さい。ゴメン、領収書、出ません。ホントに必要なら事前に仰って下さい。「ゆふいん楽友協会」で用意いたします。

nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

やっと世に出ます [ゆふいん音楽祭]

今、ゆふいんの出版実行委員会(一応、こういうものがあったんです)と連絡が取れ、先程最初の数冊がゆふいんに届いたとのことであります。

というわけで、関係者の皆々様、本当にご心配をかけました。構想5年、最初の作業が始まってから足かけ4年、今時の出版事情からはあり得ない亀の歩みもとうとう当面の終点に至りました。『ゆふいん音楽祭 35年の夏』(木星舎2014)、とうとう本日、別府で開催されております加藤昌邦個展会場で先行発売となります。

定価は税込み(恐らく)2700円也。竹井先生の指揮するグレゴリオ聖歌に始まり、伝説の第9回音楽祭での福岡モーツァルトアンサンブル&元巌本真理Qメンバーによるブラームス弦楽六重奏曲第1番第2楽章、そして音楽祭最終回最終日の歴代監督揃い踏みによるモーツァルトのピアノ三重奏曲変ロ長調全曲なんぞが収まるCDが封入されております。まだ貼り付けてホヤホヤ(笑)。

やくぺん先生としますれば、自分の名前が著者検索に出て来るタイプの出版は、なんとなんと2001年の『ホールに音が刻まれるとき』以来。もう暦一巡り以上昔のことだったわけで、いかなメディア大激変の中の出るのは嫌韓中本か自慰史観本ばかり、というオソロシー状況とはいえ、ここまで間が開くとは20世紀末には思ってもみなかった。感慨ひとしお、といいたいところだけど、やくぺん先生の出版物の常として毎度ながらのスポンサー付き出版ですから、あいかわらずの三文文士っぷりじゃなぁ、と情けない気持ちになるのも事実でありますね。

なんであれ、ともかく、ちゃんと出ました、というご報告。まだAmazonなんぞには挙がってないみたいです。今後の東京地区での直接販売は、「ゆふいん楽友協会」東京支部が行います。恐らく、11月16日の小林道夫先生の演奏会には持ち込めると思うのですが、なんせ前日までNYに行ってるんで、準備が間に合うかどうか。気長に待てる方は、12月23日の道夫先生恒例の年末ゴールドベルク会場までお待ち下さい。まあ、それまでにはいくらなんでもAmazonに挙がるでしょうけど。

てなわけで、直ぐに欲しい方は、本日の別府の加藤昌邦個展にいらしてください。
http://yakupen.blog.so-net.ne.jp/2014-10-24
湯布院町内「ことこと屋」本展には直ぐに置く、とのことですが。行ってなかったら、「著者にここにあるって聞いたんだけど、どうなってますかぁ」と若社長かママさんに尋ねて下さいな。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | 次の10件 ゆふいん音楽祭 ブログトップ