So-net無料ブログ作成
検索選択

表参道で5時間半 [弦楽四重奏]

実質夏休みは終わって、月末にシカゴに向かうまでの間に処理せねばならぬ作文がそれなりにあり、バタバタしていて当電子壁新聞もやっつけ仕事になってます。なんか、この夏、仕事の流れがちょっと妙だなぁ。

とはいうものの、これだけは記しておかないと後で忘れちゃうので記しておきましょうぞ。去る火曜日の午後から夜にかけて、東京は表参道のルイヴィトン上層階に設置されたギャラリーで行われたフラックスQによるモートン・フェルドマン弦楽四重奏第2番全曲演奏について。恐らくは、全曲演奏としては日本では2回目になるのかしら。セゾン美術館なんかでやってるかもしれないなぁ。

とにもかくにも、ホントに6時間近くも座ってられるかなぁ…と己の根性を疑いつつ、炎天下の午後2時半頃に地下鉄駅からルイヴィトンに向かいます(ギリギリまで銀座のシャネルだと思い込んでいて、危ないところだった…)。上層階のギャラリーに向かうエレベーターでチェロのフェリックス君と遭って、立ち話。曰く…今回はこれだけのために来てるよ、今日の終演は8時半くらいかなぁ、え、練習は勿論全部一気にやることはなくて(笑)10ページくらいづつやる、ソウルのキャンセルの話は覚えてないなぁ、等々…
http://yakupen.blog.so-net.ne.jp/2015-12-07
もう2年も前のことだったんだっけ、このソウル東大門の会場まで行ったらFlux Qはキャンセルでした、ってギャグにもならん話は。いやはや…

じゃあともかくぐぁんばってください、ってわけで、フェリックス君は楽屋に向かい、やくぺん先生は狭い廊下にズラリと並んだ列の後ろに向かいます。この段階で20人くらいかしら。スタッフに「席はあるんですか?」と訊ねると、少しだけ、とのお応え。なるほど、これは基本的には立ち席イベントだな。

開場すると、そこはビル上層階の敷地全部をスポンと空いた空間にしたギャラリーで、真っ白な2つの壁面には蛍光灯のオブジェが貼り付けられてる。フェルドマンと同じくらいの時代に活動したDan Flavinというアーティストさんの作品らしいです。で、真ん中に譜面台と椅子。それに、足下にボトルの水。
006.jpg
原則写真撮影は禁止な会場なので、わざとぼけぼけの写真で状況をご想像あれ。この写真の撮影している側がガラス壁で、眼下には表参道が眺められます。席は20くらいが弦楽四重奏の正面に置かれているけど、半分が招待席。もうあたくしめには席がありません。これはまいったな、と思ったら、ガラス壁の前にまあるい座布団が10ほども並べられてら。なるほど、あそこに座っても宜しい、ってことでんな。

ぶっちゃけ、この演奏会を「イベント」として考えると、演奏する側やら仕込む側にもいろいろと大変なことはあろうが、聴衆とすれば「6時間にすら及ぶ可能性がある長丁場をどうやって大過なく過ごすか」が最大の課題。まず、事前に水物は控えましょう。トイレに行って戻れるような状況なのかは判らないですから。理想はごろんと寝転んでしまうことだろうが、流石にそういうわけにはいかぬだろうから、6時間を前提に座り方を考えねばならぬ。ニューヨークからパリまでの大西洋線東向き横断、東京からだとシンガポールやらヤンゴンまで行けるくらいの時間を、基本的にはずーっと同じ姿勢を保っていなければならないのであーる。

その意味では、「気を紛らしたかったら首を傾けて、表参道の人の流れや、はたまた青山方面のビルや空を眺められる」という場所は理想的です。それに、丸い座布団みたいなものに座って足を自由に投げ出したり出来るのは、椅子に座っているより余程寝ている状況に近い。これならなんとか乗り切れるかもしれないぞ。

目の前にはCanonの一眼レフ8台くらいがズラリ、デッカい予備バッテリーも付けられ、6時間に迫る長丁場の映像収録をしようと取り囲んでます。かくて開演となる午後3時が至り、100名弱の聴衆&スタッフ関係者の前に、フラックスQの面々が登場。おおお、第1ヴァイオリンのトムが丸刈りになって、まるでタイのお坊さんみたいだぁ!ルックス的には、この曲にドンピシャかも。

あとは延々と、フェリックス君が仰るとおり午後8時26分までかかったフェルドマン第2番の演奏が続くだけ。なんせ、「提示部第2主題●●小節目のピアニッシモは…」とか言える類いの「作品」ではないので、語れるのは「5時間半を体験しての感想」でしかないのだけど…まあ、ひとことで言えば、この作品、ここまで長いと普通の意味での「時間芸術としての作品」ではなくなってくる。時間と空間が溶け合っちゃう、というか、この音が鳴っている空間そのものがひとつのアートであり、オブジェになる。今回のようなオープンで外の光や風景も含み込んだ会場の場合、意図したかどうかはともかく、時間の流れが光の変化としてイヤでも感じられ、そこに光のオブジェが展示されているものだから、光の変化は確実にひとつの方向性を有した微妙な動きとして感じられる。要は、フェルドマンが鳴っている空間全体がひとつのインスタレーション作品です、ってこと。

音楽そのものは…そうですねぇ、まあ、これはもう、一種、「ART」を鑑賞するのではなく、「Nature」を眺めるに近いなぁ、と思ったです。人間の意志が音の法則性に対してどうこうしているのではない。もう自然にある音を、座ってじーっと耳を澄ませているようなもの。湖の上の波紋をずーっと眺めている、風で波が立ち、そこに葉っぱが落ちてきて揺れ、あっちからカイツブリが走ってきて波紋を広げ…ってのをひたすらみているようなものです。

そう、それはそれで、あり。一応、「繋ぎの部分」と「意志的な動きの部分」がはっきり分けて作られているとか、2度の動きが演奏者の疲労度や時間経過によって微妙に異なってくるとか、いろんな仕掛けはあるんでしょうけど、まあいいよそんなこと、って気分になってくる。

4時間20分くらいから4時間40分くらいに最後の大きなクライマックス(といっても、別に凄く違ったことが起きるわけじゃないですけど)を迎え、一息付いて淡々と繰り返される時間が戻って来た辺りで、明治神宮の杜から華火が上がり、破裂音も聞こえてくる。まるでこれも、この空間に仕込まれたみたい。

フェルドマンの弦楽四重奏第2番、もしもチャンスがあったら、人生で一度は経験しても良い…かなぁ。ま、皆さんにお勧めします、とは言いません。今回も、最終的に最初から最後まで付き合った聴衆は、うううん、どうなんだろうなぁ、30人くらいいたかな、という感じ。殆どの方は数十分、長くても2時間くらいが殆どでした。実際、やくぺん先生の隣は3人入れ替わり、反対も途中で入れ替わりましたし。

なんであれ、フラックスQの皆様、お疲れ様でした。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ヴァルター・レヴィン翁没 [弦楽四重奏]

当電子壁新聞では、基本的には訃報は扱わないのだけど(キリがない、というのがホントのところ)、流石にこれは記しておきます。

元ラサールQの第1ヴァイオリン、この四半世紀は、プロカルテットの中心講師としてヨーロッパにはごく一部の音楽学校でしか成されていなかった弦楽四重奏教育を広く有能な若者たちに広め、現在の弦楽四重奏黄金時代の礎となった大教育者、ヴァルター・レヴィン翁がお亡くなりになったそうです。
http://chicago.suntimes.com/news/renowned-violinist-music-teacher-walter-levin-dead-at-92/
http://www.badische-zeitung.de/klassik-2/walter-levin-ist-tot-grosser-geiger-und-teamspieler--140294834.html
やくぺん先生は、フォンテーヌブローのプロカルテット・セミナーで、横にザイゼル氏が苦虫をかみ潰しているところで5分くらいの立ち話インタビューをしたことがあるだけで、他はステージ上とレッスンを眺めるだけのお付き合い、ホントに偉い人だったわけだけど、今の現役中堅クラスの団体にすれば、偉大なる師匠の訃報ということになる。いくら2000年代後半からはシカゴでご隠居生活でヨーロッパからは引退していたとはいえ、大きなニュースであることに違いは無い。

個人的には、何故か知らないけど最後の、かな、さもなければ最後からひとつ前くらいの来日で、ひとつのメインプロがノーノの《ディオティマへ》で、もうひとつがツェムリンスキーの最後がドッペルフーガが途中でひっくり返る奴、ええと、4番かな、をメインにした演奏会。なぜかツェムリンスキーばかりがやたらと印象に残ってるなぁ。…って、今思えば、この演目って、「最近、グラモフォンからレコード出ましたんで宜しく」って、文字通り20世紀の「著名演奏家来日公演」のやり方を絵に描いたようなもんですねぇ。その意味でも、懐かしいなぁ。

引退後は、やはりなんと言っても2000年のロンドン大会で、ブレイニン御大と審査委員長を分けたときの印象が強烈。なんせ、レヴィン御大とブレイニン翁という正反対の考えの巨匠を並べたら話がつくわけないのは誰が考えても判ることで、案の定大紛糾、シマノフスキQとかディオティマQとか完成された団体が全部セミファイナルで落とされ、ファイナルは若手選手権状態になり、カザルスQが優勝でアルモニコが2位というビックリするような結果になった(その数ヶ月後、レッジョではエクが1位無し2位になりカザルスQが3位で、考えてみれば沖縄ムーンビーチに始まり、カザルスホールとアマデウス・コースで盛り上がったバブル期以降の日本の若者達の弦楽四重奏熱の頂点がこの頃だったわけですなぁ。←遠い眼…)。あれがいちばん「レヴィン翁らしい」と言ったら、叱られるかしら。

ひとつの時代が終わる。そういえば、マン御大も90歳を越えてらっしゃる筈だなぁ。

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

関係者の皆様へのご連絡:訂正箇所ご指摘希望 [売文稼業]

佃では絵に描いたような「マスオさん」たるやくぺん先生、夏と正月のご家族旅行は重要な責務とあって抜けるわけにはいけん。てなわけで、週末は関西というか中部の隅っこというか、まあその辺りに行っており、昨日、新東名を端から端まで一気に走り抜けるという無茶をして葛飾の仕事部屋に戻り、今、明日締め切りの原稿やってます。ふううう…

当然ながら先週後半に届いた共著本の後処理などなにも出来ておりませぬ。こちらはなにもしないままに、共著者の平井先生がしっかりと取材関係者の方に献呈本をお送り下さったお陰で、あちこちからお返事をいただいております。皆様、ありがとうございます。

さて、以下はホントに限られた方への連絡事項です。

取材をさせていただき、本篇に取り上げさせていただいた皆様から、既に「ここ、間違ってるよ」という指摘がいくつか来ております。webならぬ紙出版の哀しさ、そのような貴重なご指摘があれど、直ぐに全て回収して直すというわけにはいきません。どっかの政治家やお役人さんみたいに、マズい間違いは消してしまう、破棄してしまう、ということも出来ません。

つきましては、とにもかくにも正誤表を早急に作成し、当電子壁新聞なりにアップしようと考えております。webアクセスがない人はどうする、と言われればそれまでなんだけど、ま、やらんよりはよかんべー、ということ。というわけで、以下、取材した皆様に御願い。

『クラシックコンサートをつくる。つづける。』(水曜社、2017)の事実関係の誤り、データの間違いなどがありましたら、小生の個人メールアドレス、若しくはFacebookのメッセージなどで、ご連絡ご指摘いただけますでしょうか。

修正必要箇所が有り次第、当電子壁新聞及び平井先生の横浜楽友会ページにアップさせていただきます(平井先生が夏休みに入られたためまだちゃんと話をしていないので、詳細未定)。

以上、ホントに、宜しく御願いいたします。また、取材対象の方以外でも、あきらかな事実関係の誤りなどありましたら、ご指摘いただければ幸いです。なお、取材は実質2年前までなので、それ以降の状況の変化などに関しましては、また別に対処方法を考えます。

だからこういう類いの内容は「出版」ではなくて「ポータルサイト」にするべきなのだ、などという真っ当すぎるご批判は重々承知しております。本音を言えば、敢えて今や時代遅れの「出版」という形にしてどういうことが起きるか、実験してみたというところもありまして。

宜しく御願いいたします。

nice!(4)  コメント(1) 
共通テーマ:音楽

アロドQがエラートに録音 [弦楽四重奏]

諸処の事情でまともに仕事が出来ない状況になっているんだけど、ともかく、忘れないように自分のメモとしてひとつ、入れておきます。

輸入盤業界関係の方からの情報に拠れば、アロドQがデビュー盤を録音、秋口に出てくるそうです。なんと、フランスの若手団体とすればエベーヌQ以来のエラートだそーなっ!なんとなんと、国内盤も出るそうで、いやぁ、こういう若手団体のメイジャーレーベル(という言葉が未だ存在しているとして)でましてや国内盤なんて、20世紀ならもう「将来のスター決定」という意味だったのだけど…今はどうなんでしょうねぇ。

演目はメンデルスゾーンの2番と4番、それに4つの小品。興味深いのは、歌曲の編曲も収められている、というところ。なるほどねえ、一筋縄ではいかないよ、ってところを見せてるわけかな。

まだ公式のエラートのリリースなどは出てないようなので、とにもかくにも最低限の情報のみ。ま、12月の発来日に合わせて、ということになるんでしょうねぇ。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

「クラシックコンサートをつくる。つづける。」やっと出ました [売文稼業]

取材をさせていただいた皆々様、本当にお待たせしました。平井先生との共著本「クラシックコンサートをつくる。つづける。」(水曜社、2017)、やっと出来ました。Amazonやら書店流通やらに本日から出ているそうでありまする。
023.jpg

なお、平井先生の主催なさる横浜楽友会のホームページに、ちょっとおおっぴらには言うわけにはいかない情報も出ておりますので、ご覧あれ。
https://musikverein-yokohama.jimdo.com/

なお、取材にご協力いただき、本篇で章立てして取り上げている主催者の皆様には、出版社ではなく平井先生から検定本を1冊づつ送らせていただきます。本日届き、明日からの作業になりますので、来週の頭くらいには届くと思います。Amazonとかの方が早かったらゴメンナサイ。

中身は、ぶっちゃけ、地方主催者の皆様の大放談会という性格もありますので、暑い夏の娯楽読み物に…ならんかなぁ、流石に。なお、本篇でも触れていますが、本書の取材を終えてから既に3年が経ち、極めて流動的な小規模主催団体の世界は既に一部が様変わりしています。ですから、あくまでも「10年代前半の定点観測」と思って下さい。取り上げた団体も、やくぺん先生がたまたま出会った方々、というのがホントのところです。他意はありません。これホント。

なんであれ、お暇ならどうぞ。

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

神無月の台湾2題 [音楽業界]

ぼーっとしているうちにもう8月になってしまい、今年も残すところあと数ヶ月。ええ、年末のニューヨークとか、1月のパリとか、そろそろ真面目に考えなきゃならんじゃないかぁ…なんて思いながら、何故か今年はこの季節に山積みになった作文仕事に追われていると、先月訪れた沖縄の遙か向こうの島から、秋の盛りの情報がふたつ寄せられました。さああああ、どーするどーする…

まずは、こちら。
http://www.npac-ntt.org/npacnttprogram?uid=14&pid=287
昨年の序夜だけで終えるのだろうなぁ、とみーんな思ってた台中のアーツセンターの《リング》サイクル、驚くなかれ《女武神》を10月にやるそーな。今発表して、発売は8日からだそうですけど、相変わらず台湾国内からじゃないと買えなさそう。

この演出、DVDやらも出ているし、ルフトハンザの機内などでも流していて1幕は眺めたんだけど、うううん、どーなんでしょうねぇ。まあ、スペクタクルという意味ではそれなりに楽しいので、台中でやるには丁度良いのかなぁ。初日は遙か北の初台では神々が黄昏れてるし。うううん、どーしよーかなー…

もうひとつは、こちら。
http://www.mna.com.tw/eventsDetail.aspx?serialNo=33
こっちはもう、チケット、売ってます。日本から買えるか判らないけど…。台北の後は、大陸のどっかでやって、最後は11月に香港、総計3度のベートーヴェン全曲演奏をするという、ある意味前代未聞のツアーでんな。日本でも当然話はあったけど…だそーですう。

LCCなら2時間半、ただし、2ヶ月先だと数千円って切符はもうないでしょうけどねぇ。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

2017ゆふいん音楽祭第2日目 [ゆふいん音楽祭]

2017ゆふいん音楽祭、たった2日間ながら、ともかく、なんとか終わりました。で、もうホントのボロボロで、いつアップ出来るかも判らないが、ともかく、昨日に引き続きヴィジュアルだけで誤魔化します。

まずは、今年も会場となった中央公民館の勇姿から。
01.JPG
ホント、なーんにも変わってません。流石に建て替えの話はあるそうですが、どうも毎度お馴染みいかにもゆふいんらしい、ノンビリってか、おいおいおい、それじゃマズいだろう、って話ばかり…。

中もおんなじで…と言いたいところだが、毎度ながらの音楽祭受付の向こうのポスターは、8年の時が流れたことを感じさせますねぇ。なんせ、大分代表アルゲリッチと、ゆふいん代表小林先生の揃い踏みの間に、ずっと同じロゴの音楽祭ポスター。
02.JPG
公民館ホールもホントに笑っちゃうくらい同じで、冷房は相変わらず効くところと、効かないところと、効きすぎるところがある。んで、開場前に,前日の情報から「この辺りは寒いです」という手書きの告知を貼り付ける。いやぁ、毎度毎度の公民館風景。
03.JPG
で、開演を待つロビーには、こんな懐かしいお顔も。
04.JPG
やっと聴く側にまわれましたね。お元気そうでなによりですぅ。

んで、本日も豪華譜めくり従え、本番は大いに盛り上がり
05.JPG
終演後はこれまたいつものように聴衆、スタッフの拍手の中を2階の控え室までロビーを突っ切る演奏家の皆様なのであった。
06.JPG

さあ、終わった終わった、直ぐに後片付け。音楽祭のプレートが外され、これまたいつからあるか判らぬ壁画に掛け直し
07.JPG
そのあとは、畳の大部屋での無礼講じゃ!
08.JPG
ちなみにここ、田圃の中のTではなく、なんとなんと、天下の名旅館Tの湯さんの大宴会場でありますっ!

いろいろと反省点は多かった復活ゆふいん音楽祭、次回はあるのか?そしてそのとき、「第36回」と名告るのかっ!わいのわいので夜は更ける。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

2017ゆふいん音楽祭第1日 [ゆふいん音楽祭]

てなわけで、2日間しかない復活ゆふいん音楽祭、まあ、実質上の新スタッフによるテストランの第1日目が終わりました。すっかりがっつり飲んでしまっていて、もう前頭葉が働かないどころか、足腰もアヤシイ状況。とにもかくにも、ヴィジュアルで誤魔化しますですぅ。

さても、さあ、お仕事だぁ。一応、プレスなんだもんね。
034.jpg
公民館の正面入口には、懐かしい顔も。判る人限定。
184.jpg
尤も、想像していたような「8年ぶりの懐かしい顔の再結集」ではなく、殆どのスタッフが新世代。かつて、わしら勝手連ボランティアがやっていたような作業も、地元の中学生がしっかり継承してくれております。さあああ、ゆふいんの森号の到着だぁ!はたらけぇええええ!
075.jpg
公民館に戻ってくれば、地元新聞のインタビューを受けているのは、Kさんではなく、新たな実行委員の顔、ことこと屋の社長さんでありまする。
222.jpg
プレスに、名刺どころ事務局もなく、役職もなく…って状況を理解して貰うのはいかに困難か、しっかり実感しておくれなもし。

勿論、音楽祭は昼夜恙なく進行。客席には、明日に某所で本番があるために参加出来なかった湯布院町民のこんな方も。
247.jpg
夜の演奏会の最後、メンデルスゾーンのハ短調ピアノ三重奏は、「クラシック音楽」なんてものは生涯全く縁がないという地元の旅館の親爺さんなんぞまでが「なんだ知らんが凄かった」とひっくり返る圧倒的な演奏。
254.jpg
おっと、超豪華譜めくりすとに関しては、ノーコメントでありまするっ。

かくて、雲の中に頭を隠したままの由布岳ながら、復活音楽祭の最初の晩が更けてゆく…明日は朝の10時過ぎにまた公民館に集合でありまする。ぐぁんばろー…

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽