So-net無料ブログ作成
前の8件 | -

《サロメ》遙かなり… [音楽業界]

先週、ボロボロで戻って来たあとに時差頭の中で怒濤の日々。ガタガタの原稿をともかく入れたり、何が周囲に起きてるか判らないままにいろんな人と連絡とってどっか行かねばならなかったり、もー爺には限界じゃわい。

んで、やっと今日はなんにもしないぞ、とボーッとしてたら、深夜になってヨーロッパのチケット屋さんからこんなメールが来ました。いかにも「日本語の自動翻訳機で翻訳しました」って文章。ええい、誤植まんまに貼り付けちゃうぞ、ぺとっ。ちなみに「最初にオーダーされたチケット」とありますが、ひとつしかオーダーしてません。原文はどうなってるんじゃ?

「誠に申し訳ありませんが、最初にオーダーされたチケットのほうが、売り手が提供できなくなりましたことをお知らせいたします。これにより、この取引はキャンセルとなり、全額€367.50が、お客様に払い戻しされます。
このチケットをご購入いただいた時と同じ支払い方法で、払い戻しさせていただきます。御口座のほうに、金額が届くまで10日ほどかかる場合もありますので、ご了承お願い致します。
viagogoは、チケットの売り手が買い手にアクセスできるプラットフォームあです。チケット販売者は、余分なチケットを持っている個人から、多国籍のイベント主催者までさまざまです。
売り手が販売のために宣伝したチケットを提供できない場合、私達は、そこに一歩踏み込んで、そのカテゴリーと価格に似た、交換となるチケットを見つけるように、あらゆる努力をします。この最善の努力にもかかわらず、それに似た、代わりとなるチケットがない例外的な状況もございます。その場合、売り手には、金額は支払われず、お客様に全額払い戻しがおこなわれます。
この件に関して、ご理解とご協力をいただき、ご不便をおかけ致しましたことをお詫び申し上げます。 」

これがなにか、時系列で説明しますと…

1:日本時間6月13日朝、なんのかんので7月2日ミュンヘンの国立歌劇場の《サロメ》のチケット2枚を、チケット屋さんで購入した。このチケット、ペトレンコ指揮の新演出ということで売り出し早々に瞬間蒸発、そんなもんあるわけないと思ってチケット屋サイトを眺めたら、なんとまぁ、比較的リーズナブルな値段で3階正面2列目2枚並び、最後の2枚、というのが出ていたので、先のことを何も考えずに即購入してしまった。

2:その後、日本出発が来る26日だけど、チケット屋なんで劇場から直接買うみたいにプリント@ホームみたいなシステムはなく実券を送りつけてくる。佃に送られると行き違いになるかも知れないので、宿泊先のミュンヘン厄偏庵に送りつけてくれないか、という連絡を糠味噌頭でチケット屋と取り合った。その際には、チケットが存在しないなどという話はまるで無かった。

3:ったら、さっき、上に貼り付けたメールが来た。要は、「スイマセン、あると言って売った商品が入荷しませんでした。代金は返却します」ってこと。

へええええ…オペラのチケットって、こういうもんなんだなぁ。

ま、やくぺん先生ご夫妻としましては幸か不幸か、怒り狂ってる、ってことはありません。大人の対応というより、ぶっちゃけ、葛飾オフィスに緊急補修でお金が要りようだったので、こんな娯楽みたいなもんにお金を使ってはいけません、と神様から叱られたような気がしているわけでありまする。はい。

ちなみに、日本では五輪チケットなんぞを巡りいろいろチケットの受け渡しに関しては議論されていますけど、少なくとも欧州のわしらが高いチケットを買わざるを得ないような劇場のチケットは転売やらの商売は、違法ではありません。きちんとした業種として存在し、普通に行われております。それがないと、ホテルのコンシェルジュなんぞは成り立たないというとこもあるんでしょうし。

よくあることなのかは知らないけど、こういうこともある、って事例でありました。何かのお役に立てば。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

クラウドファンディング成立しました [弦楽四重奏]

些か旧聞に属してしまいますが、当電子壁新聞で取り上げたネタのフォローアップです。

サントリーホールで行われていたクスQのベートーヴェン全曲演奏会には、録音技師ひとりが同行しており、マイクが立てられ、ライブ録音がされています。来る月曜日には、クスQが日本音楽財団に楽器を返しに行く前に修正セッションのための時間も取られています。この作業の経費を補うために、クラウドファンディングが行われたわけであります。こちら。
https://yakupen.blog.so-net.ne.jp/2019-06-07

日々、成り立つのかハラハラしながら見守っていたわけでありますが、最終日の13日の午前中、無事に成立しました。パチパチパチィ!

さても、成立したと言うことは、それがどんな数であれ、録音されたものを形にせねばならない。で、サントリーホールで、一期一会の楽器と一緒にいるところの写真なども必要になってくるではないか…

ってなわけで、本日、急遽サントリーホールのロビー及び前のカラヤン広場で、クスQのCDパンフレット写真撮影が行われたわけであります。大阪の国際室内楽コンクールに公式カメラマンで入っており、たくさんの室内楽奏者の写真を撮ってこられた露出の神様みたいなもの凄く技術のある栗山さんというフリーのカメラマンさんがたまたま東京にいらしていて、この日は空いているという。で、渡りに船、となった次第。

かくて、こんなん。ブルーローズ前でまずはパチリ。入口の上に「ブルーローズ」がさりげなく掲げられてたって、ご存知でしたかぁ!
IMG_1850.jpg
ロビーの前でカッコ良くパガニーニ・セットと一緒に、パチリ。
IMG_1856.jpg
梅雨の晴れ間というより、すっかり夏の空の表に出て
IMG_1861.jpg
はいポーズ。パチリ。
IMG_1862.jpg

そんなこんな、これら写真が満載される(のかな?)CDボックスは、年明けくらいに完成するとのことであります。ファンディングした方々は、ベートーヴェン・イヤーが始まって早々に、あの一期一会のベートーヴェンを再び耳に出来ることでありましょうぞ。

数日後にはこの楽器の行方を巡って、また会議がもたれるとのこと。果たしてパガニーニ・セットは、ベートーヴェン・イヤーをどの団体と過ごすことになるやら。そっちも請うご期待。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ヴェトナム初の室内楽国際コンクール参加者発表 [音楽業界]

もの凄く地味な話題ですが、まさかと思うけど流れを追ってる方がいるかもしれないので。

昨年暮れの藝大交流プロジェクトのときにもいろいろ話題になっていたヴェトナム初の国際室内楽コンクール、準備段階でいろいろむずかしいこともあったようですけど、開催の運びとなり、参加団体が発表になりました。こちらが公式です。最近ではFacebookが公式に使われるんですねぇ。
https://www.facebook.com/vnimc/?__tn__=kCH-R&eid=ARDUtze9a1ngbsKxa37cZRAqrGPxpbvG_wK3emc7i4edEpAe1WFzHtljsrHMRj5PVYE8rNoTxx1GtBl6&hc_ref=ARQufBNNQEEmWFngaIUmyH_SyP32L0FzuEqKkHOGG6pqM7ZwIF0Y7F9gZ0H2dMZE-Uk&fref=nf&__xts__[0]=68.ARBAzbY2RhiGlpJatgUZykbpGP-qoPGwfNbJaeHuO-HddqEs4xgl9Eg9XaIFTu03kh31AFN84smUKOOzqEdeamCNCJMTBmjB799MQQEXQL9TdFTp9343zcjpCuDedJnGKGoH86qZrBcmvjKpIe5IaMyOPQdFi76xwVwDkCSlpIeEjJpl6H35uK85HSOB6EMxcgTlDveWHI63UCsBZfxSH-qv48mnvQydznvpTttMGrsHJ5OQvwsMIPjtw8vymI9s-N1aolBQYa4HakrTV-VgjmkSeJ7aG3XyNjTNPK7VneHb03V0nXmR0n_g5XvWTHPS7nCrxqUoz1BBe-wJcmT56wZbW3Jj5AEq7Cvu6inR1zNHxPse

ポイントは「ピアノ付き室内楽」というジャンルで、音楽教育界でもまずはオーケストラメンバー育成とソリスト養成が眼目だったこれまでの在り方に、少しでも違う流れを作っていこう、という試み。正直、「お手本団体」という感じの皆様ご存知の連中が名を連ねているところからもお判りのように、結果がどうだというよりもコンクールというチャンスを設定し、このジャンルに関心を持つ演奏者を育成していこう、というイベントです。

やくぺん先生としましては、そりゃ眺めに行きたいことは山々ですが、なんせ葛飾オフィスの雨樋悪化での予定外な膨大な出費という家庭の事情がありまして、なかなか難しいところでありまする。どなたか見てきてくれないかぁ、とはいえんしねぇ。

とにもかくにも、無事に開催されます。関係者の皆様、ご苦労様でした、というか、ご苦労様です。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ブリスベーンで《リング》サイクル [音楽業界]

このところ、自分の周りで起きていることだけで情報量の余りの多さにアップアップしているのに、敢えてまーるで自分に関係ないお話。ま、日本語文化圏ではだーれも関心は無いかも知れませんが、世の中には「俺は世界の全ての《リング》サイクルを制覇する」と豪語なさっている方もいそうなんで。

一昨年だかにインキネンとオージー気鋭の舞台演出家さんでメロボルンで《リング》サイクルを敢行したオペラ・オーストラリアが、なんとまるで別のチームで、場所もブリスベーンに移し、新たなサイクルをやるとのことです。こちら。
https://www.limelightmagazine.com.au/news/opera-australia-announces-a-digital-ring-cycle/

時期は、2020年11月10日から12月5日。クィーンズランド・パーフォーミング・アーツセンターが会場。演出は上海出身でNYベースのChen Shi-Zhengだそうな。シャトレ座で《中国のニクソン》出した人だそうな。
https://www.youtube.com/watch?v=HsTtDn25sPU

キャストはさっき送られてきましたが、こちら。
https://opera.org.au/brisbane/ring-cycle?utm_source=mail2&utm_campaign=ring20-cast-130619&cmp=1&utm_medium=email&promo=51468

ま、お暇な方はどうぞぉ。なお、セットしか売らない、という強気なやり方ですので。ぐぁんばってね。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ボルドーの結果発表 [弦楽四重奏]

昨日午後、まだボルドーでは大劇場で各団体あと1度づつの演奏があるというのに聴くこともなく、一足早く新帝都は羽田に帰着。佃縦長屋に荷物突っ込み洗濯機をまわし、慌ててサントリーに向かい、クスQのベートーヴェン全曲演奏4回目、後期のハイライトの晩に駆け込みましたです。クスは、明日の公演のレビューを書かねばならぬのでちゃんとは書けませんが、まあ、昔からクスを知ってる人ほど面白がれる、いつもの彼らとはちょっと違った一期一会の音楽をやってます。当然、完成度の高さを求める方からはいろいろご不満もあるようですが、今時そういうのは若い力のある連中でいくらでも聴けると思える方には、滅茶苦茶楽しいかも。ちなみにCD録音のファンディング、あと1日で€500くらいまで迫っているようです。

ま、それはそれで、ド・ゴール空港の出国で1時間半の行列に並びながら映像だけ眺めてたボルドーの結果。今朝、発表がありました。こちら。
http://quatuorabordeaux.com/palmares-2019/?fbclid=IwAR1C9EcKcle6A___EIAXb5ffNti4TcEvpHkOEUQeJmixC8RU3zZ3hH3KrAI

一応、英語版をコピペしておきます。

★1st PRICE 3 years international concert tour organized by CLB MANAGEMENT* and its partners to be assigned to one (or more) of the participating groups.
MARMEN QUARTET & SIMPLY QUARTET

★Prize ADAMI: € 4.000,00
CALLISTO QUARTET

★Prize Festival Escapades Musicales: € 3.000,00 + concert in Andernos les Bains, 29 June 2019
ARIS QUARTET

★Prize Simon Buchou Photographie: pro shooting session (Cf. Gallery Quatuors à Bordeaux)
SIMPLY QUARTET

★Prize ICART - Bordeaux Art Management School: social networks and média consultancy
SIMPLY QUARTET

★Prize T’Edith: Ladies concert outfits (www.tedith.com)
TCHALIK QUARTET

★Prize Boutique 5, Rue du Temple: Gentlemen's concert outfits (www.5ruedutemple.com)
TCHALIK QUARTET

★Prix Pétrusse: designer stole - special création for 2019 competition (www.petrusse.com) for each member of quartet winner of the prize Petrusse.
VERONA QUARTET

それぞれがどういう賞か説明し始めるとめんどーなんですが、要は、実質上の優勝に相当する世界ツアー賞はシンプリーQとマルメンQが分けた、ということです。

現時点では、来年6月の日本ツアーにどちらが来るか、まだ情報はありません。

というわけで、滅茶苦茶眠いんで、今はこれだけ。これからチャイナフィルの演奏会に行かねばならぬのだが、広報氏は2011年秋に北京で唯一開催された弦楽四重奏コンクールでシンプリーQが中国団体最高位賞を得て、ヴィーン留学のきっかけをつくったときに現場でウロウロしてた奴なんで、スゴく喜んでます。ま、今は中国を出た奴は半分しか生き残ってない国際旅団なんだけど。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

トゥアールの森の動物たち [たびの空]

ボルドー国際弦楽四重奏コンクールも本日で第1ラウンド終了。ボルドー郊外のグラディニャンという世田谷みたいな場所のプチ動物園もある公園の中に図書館と並んで建てられた四季劇場という名前の公立ホールで行われ
IMG_1626.jpg
連日市内からご隠居中心に熱心な聴衆を集めていたラウンドも、各団体2度のフルコンサートを終えようとしています。この後、明後日から市内の大劇場に舞台を移し、各団体が1度づつフルコンサートをするのですが、やくぺん先生はクスQのベートーヴェンにちょっとでも顔を出すため、セッション見物は本日でオシマイ。

で、中身はともかく、やっぱり一度くらいこれをやらねば、「動物たち」シリーズ。っても、今回は小さな飛ぶ方々特化でちゅん。やくぺん先生が1週間住み込んで、深夜過ぎに帰って来て午前中に作文やってるだけの仏国田舎の東横インみたいな安宿の横に、トゥアールの森というかなり大きな森が広がってます。
IMG_1618.jpg
公園ではなく、森、です。無論、手は入ってるのでしょうが、基本は放ってある、という感じ。下に道は付いていて、ランナーさんが走ったり、お犬様の散歩の爺婆様が歩き回ってます。

初夏の森、天候不順でまだ春の終わりみたいだけど、もうカラ類の子育ては終わっていて、小さな飛ぶ方々は緑の枝の上の方を動き回ってます。ですから、声はすれども姿は見えず状態で、あまりお会いするには良い季節ではない。お声はいっぱい聞けまするう、ちゅんちゅん、ぴぴぴ、ちちちぎいいいい。

それでも少しはお姿を見せてくれるわけで、クロウタドリやらムクたち、はたまたほーほーさん、それに美女軍団のイエススズメさんはいっぱい。森の中に分け入れば、あんまり良く知らない方々が声を挙げてらっしゃって、こんな方とか
01.JPG
正直、殆ど馴染みがなくてみんな同じに見えちゃうコサメビタキさんの親戚みたいなムシクイ系動きをするこんな方とか
02.JPG
勿論、お馴染みのこいつらはじじじと地鳴きしながら領地をグルグル飛び回ってらっしゃいます。いぇい、ロビンさんご飯、げっとぉちろろりろりぃ!
03.JPG
領地を飛び回ると言えば、小さい体から猛烈なジッジという雄叫びを立てて藪の中を巡回なさってるミソサザイさんたち。この方々は天気が良かろうが悪かろうが、いつも藪から藪へとジッジ叫んでるけど、なんせちっちゃい上に暗いところが好きなんで、ピントが合わないでじっじ!
04.JPG
緑のトンネルの間には、ケラさんは意外にもまるでお姿を見せない。だけど、幹の中ではこいつらが子育てちゅー
05.JPG
急がしそうに働くホシムク父さん母さんを眺めながら、上の方で遊んでるのは、巣立って数週間でまだ世界が楽しくて仕方ないアオちゃんたちでつつぅ!
06.JPG
こうしてみると、アオガラって完全に初夏の森の保護色なんですねぇ。保護色と言えば、なんと数の上ではそれなりにこの森の主っぽいのが、この方々。
07.JPG
へぇ、ゴジュウカラさんも初夏の森の中では見事に保護色なんだあぁ。

てなわけで、今日は風もなくご飯日和の森の中を、小さな方々は元気に飛び回ってらっしゃる初夏のボルドー郊外でありましたぁ。さて、セッションに出かけねば。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

クスQベートーヴェン全集がクラウドファンディングで買えます [弦楽四重奏]

日本でも情報が出ていると思っていたのだが、どうやらそうでもないようですので、慌ててお伝えします。締め切りまであと5日ですから。

現在、サントリーホール室内楽ガーデンの目玉企画として進行中の「クスQベートーヴェン全曲演奏」は、ライブで録音がされています。現在は録音されたものを音楽愛好家の皆々様に手渡す方法は多様になっていて、かつてのように「レコード」や「CD」といったパッケージメディアが頂点に君臨するようなことはなくなっているものの、やはりパッケージとしてモノで手もとに置いておきたいとお思いの方は少なからずいらっしゃれるでしょう。ましてや、自分が会場で聴いていたライブ録音となれば、ますますかも。

で、このクスQが収録した音源をパッケージとして皆様のお手元に届けるために、クラウドファンディングが行われております。詳細はこちら。
https://www.kickstarter.com/projects/kussquartett/kuss-quartett-the-beethoven-recording?ref=project_facebook&fbclid=IwAR1awcg5vcwZy6rfa9HowyjRWIJujmY7dYiQ4k9yC0Fg6YfwypBF-5GvTVE

一応、説明しますと、上のURLをクリックすると、クラウドファンディング(ネットワーク上での資金集め)専門のサイトのクスQベートーヴェンのページに行きます。ドイツ語と英語でこの出資者募集の趣旨と目的が書かれていますが、ま、これはもう皆様お判りでしょう。「サントリーホールでベートーヴェン弦楽四重奏を全曲演奏、使用楽器は日本財団から短期貸与されたパガニーニが自分でストラディヴァリウス工房で弦楽四重奏演奏用に選んだ4つの楽器のセット、これをライブで録音する」ということ。ここには書かれていませんが、エンジニアも来日しており、きちんとホールでの修正用のリテイクのための時間も準備されており、ライブ一発盗み撮りみたいなものではなく、実質上のスタジオ録音に近いクオリティです。

さて、じゃあ俺もわたしも僕も出資してCDを手にしようではないか、と思われた方は、PCならページの左に出る「プレッジ(支援)する」という文字の下にある箱から、自分の支援額を選びます。選択肢は以下。

★CDは要らないから支援だけする。額は自由。

★モイツァ・エルドマンとクスQが競演したブラームス&シェーンベルクのCD、若しくはペレーニと競演したCD1枚提供。€25から。

★ベートーヴェン全曲演奏から抜粋2枚組CD提供。€50から。

★ベートーヴェン全曲CDとハノーヴァーでの全曲演奏会のチケット1枚提供。€100から。

★ベートーヴェン全曲CDとハノーヴァーでの全曲演奏会の全チケット提供。€250から。

★ベートーヴェン全曲CDとクスQがおうちに訪れて演奏(ドイツのみ)。€1000から。

まあ、普通に考えて、「13万円でクスがおうちで弾いてくれます」というのが最もお値打ちな気がするけど、現実的には1万3000円の寄付で全曲CDを来年の頭にいただけ、という奴でしょうねぇ。

勿論、箱をポチッと押すと、「出荷はどこの国ですか」という選択があり、更にポチッと押すと「アカウントを作って下さい」というのが出て来ますが、クレジットカード番号があればそれほど難しいことはありません。外国のLCC航空券を買うより楽だし、ドイツのオペラハウスのチケットをwebで買うくらいな苦労です。ご心配は不要ですっ!

あと4日で目標まで達しないと、プロジェクトそのものがなくなる、というリスクを負ったやり方です。さあ、皆様、急ぎましょう。目標額まであと全曲CDボックス20個くらいです。お近くの方にも声をかけてあげてくださいませ。

nice!(3)  コメント(1) 
共通テーマ:音楽

ボルドー始まります [弦楽四重奏]

あと数時間(日本時間の午後11時)で、ボルドー国際弦楽四重奏コンクールの最初のラウンドが始まります。
IMG_1453.jpg
詳細はこちら。
http://quatuorabordeaux.com/2019-english/

ライブストリーミングがあり、ここから行ける筈。
http://quatuorabordeaux.com/suivez-nous-en-direct-live-streaming/

で、今回のボルドー、はっきりいえば「主要国際コンクール入賞優勝団体のキャリア・ブーストのためのイベント」になりました。ぶっちゃけ、参加団体は公募ではなく、実質上のプロデューサーのフランチェスカ・ジニ氏が足でリクルートして、6団体を招聘してます。つまり、普通の意味で言えば「ファイナルから始まるコンクール」です。無論、こんなやり方は国際コンクール連盟の規定に違反しますから、ボルドーは連盟を脱退したそうです。

結果も、普通の意味での「優勝」ではなく、極めて実質的な各賞が出ます。実質的に「優勝」なのは、世界ツアー賞でしょうねぇ。各賞は総取りになるか、ばらけるかは判らないけど、恐らく総取りはないだろう、とのこと。ちなみに審査員も演奏家は2人しかおらず(ディオティマのフランク君、大変やなぁ…)、「演奏家のキャリアを作る」という視点から、フィルハーモニー・ド・パリのオンドレ氏やらが来てる。つまり、パリのビエンナーレでやってるオーディションをもっと実質的なものにしたもんですな。

昨晩、酒飲んだ勢いでプロデューサー及びムニエ氏と延々と2時間弱、いろいろ話をしたのだが、ともかく主催社側は自分らが何をやってるかはきちんと判って、無茶も無理も承知で、有名な格言「誰もしたことがないのには訳がある」も判ったうえでの決行ですので、これはこれで応援せねばならんでしょうなぁ。

逆に、こういうやり方が出て来ると、大阪とかメルボルンとか、はたまたロンドンとかミュンヘンとかがきちんとちゃんとした旧来型のコンクールをする責任が出て来るわけで、その意味でも業界刺激にはなるわけでしょう。ただ、いちばん判ってないのはメディアみたいですけど…。ま、なんでもそーだろーなぁ。

てなわけで、あと数時間でボルドー大会、始まります。もう関係者には知られた名前ばかりが、今日から火曜日までに各団体3つのフルコンサート、総計18のコンサートが続きます。既にキャリアを始めているプロレベルの演奏ですので、これはこれでとんでもない話でありますな。普通のコンクールのセミファイナルが延々続く、みたいなもの。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽
前の8件 | -